FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2011/02/09 (Wed) 00:14
衝撃的?印象的?な登場場面


こんにちわんこ。

こないだパパリンとママリンがオペレッタを観にいったので
またまた一人お留守番だったかわいそうなタルです。シクシク

またまたお留守番だった


今回観たのはシュトラウスのFledermaus(フレーダーマウス=こうもり)。

この演目はもう何度も観ているのですが、
シュトラウスの曲が好きなので何回見ても面白いです。

しかも
今回の劇場の演出はちょっと変わっているということでしたので
ちょっと期待して行きました。


でね、まぁ、面白く観たわけなんですが、
やたら印象深かったのが

ロザリンデの登場場面。


ナニがってあなた、


お胸がすごいこと(=ユサユサ)になっていたんですっ。


いや、お胸の立派な歌手の方って結構いるのですが、
そして今回のお衣装はお胸をぐっと持ち上げ強調するデザインではあったのですが、
今回のロザリンデ役の方のは格別で、

ウソッ、ナニあれ?すっごぉーい!

の一言ですよ。(←三言言ってるケド)


階段を下りながらの登場だったのですが、

文字通り

ユッサユッサ


ぐーママたちの席は3階の正面やや右よりだったのです。

その上ぐーママったら車の中にメガネを忘れてきてしまったのです。
遠くからでも揺れが見えた
そんなに遠くからでも
メガネなしの近眼オバさんの目でも

バッチリ見えたユサユサぶりだったのです。


思わず

スゴッ!

ってつぶやいちゃいましたよ。

このソプラノの方のに比べたら
末っ子のお胸↓なんか
Hamamiを探して
まだまだかわいいもの。


上から見たらこんな感じ?
上からだったから迫力満点
きっと自分の足元が見えないと思うのね。

それなのに歌いながら階段を下りてきたのよ、客席のほうを見て。

転んじゃわないかとヒヤヒヤしました。


あ、お胸だけじゃなくて
肝心のお歌のほうも素晴らしかったんですよ、この方は。

アデーレ役の人がちょっとかすんじゃったくらい。

沢山ブラボーの声がかかりました。
いつもはめったにブラボーを言わないだんな君もブラボーを出してましたよ。

そんな素晴らしいお歌を聴きながら

ユサユサのことが気になるなんて

自分ったらお下品!

ってちょっと反省したのね。


ところが、

休憩のときにバーで出逢った趣味の会のお友達が


休憩時の話題
身振りをまじえて

あの胸、すごかったよねー。

こぉんなだったよねー。

とひとしきり話題にしていました。


それを傍で聞きながら

あぁ、衝撃を受けたのは自分だけじゃないんだ。

と、一安心したぐーママなのでした。

ちなみにだんな君は純粋に音楽や歌を楽しみに行く人なので
あまり気にならなかったようです。


オペラやオペレッタは歌よりお胸お衣装を観るのが楽しみなぐーママです。
タルッとクリックお願いします。→ 




関連記事

テーマ : 観劇 - ジャンル : 学問・文化・芸術

<< ひらがなで書くわけ | ホーム | 上司が送ってよこした動画 >>

コメント

それは良いもの・・をご覧になられましたね。こうもりはまだ見たことがなくて。見たい演目の一つなんです。いいなあ。来週週末、ミュンヘンなんです。オペラ見に行きたいです。(当日キャンセルチケットを買おうと思っている。)Carmen か Nabucco。どちらかというとカルメンが見たい。今回は日本からのゲストを連れて、友人宅に2泊します。ゲストが一緒でなければぜひお会いしたいのですが、次回までそっちの楽しみはお取り置きかな。


だははー

そうそう、オペラ歌手なんかは胸が大きい方が
いい声出そうな気がします。←根拠ないけど~。
でも、大きいと引力で垂れるんよね~。きっと。


女性ってのは

結構、同性の体型をしっかりチェックしてますよね。
私、夫の友人との集まりで、とある女性に「アジア人って胸がないと思ったけど、あなたの胸は欧州でもなかなかのものね」と言われましたもん。まだ数回しか会ったことのない人でしたけど・・・。
この辺り、某国女性はずうずうしいですね。

でも、pharyさんのイラストを見る限り、この方の場合、そんなレベルじゃなくて、否が応でも胸に目が行きそうなほど立派だったことが想像できます。

こうもり、いいな~。一度も見たことがなくて、観てみたい演目なのです。あの夫が一緒じゃ、オペラやオペレッタなんて、夢の夢だと思いますが・・・。
どなたか、オペラオフ会なんて、企画してくださらないでしょうか。うちのような田舎じゃ、ダメですし・・・。


コメントありがとうございます。

*Rottenmeierさん*
フレーダーマウスお勧めです。ハチャメチャに楽しくて幸せな気分になります。私は逆にカルメンをまだ観たことがないのです。ドイツに来たばかりのときドミンゴ主演の映画で見ただけです。
ミュンヘンにはときどきいらっしゃるようですからいつかきっとオフ会しましょうね。

*tamakitiさん*
ハハハ、このときはお衣装がお胸をぐっと持ち上げるものでしたけど、普通の格好したらダラってなっているのかもしれませんね。重いだろうなぁ。

*らくだのせなかさん*
この方の場合はチェックしなくてもイヤガオウにも目がいってしまうお胸でした。
<欧州でもなかなかのもの>
まぁ、らくださんったらボンッキュッボンでしたのね。うらやましい。
こうもり、面白いですよ。オペラと違ってお芝居部分がたくさんあるからシェイクさんでも楽しめると思うんだけどな。ヴァレンタインはもう過ぎちゃったけど、お誕生日か何かの記念日のプレゼントにチケットおねだりしちゃうって手もありますよ。もちろんシェイクさんの分も。エスコートしてもらわなくちゃないですもんね。


このソプラノって、エヴァマリア・ウエストブロックって人ですか?
昨日、ロンドンのロイヤルオペラでプレイボーイのモデルを題材にした作品に出ていました。
彼女の胸を見て、Pharyさんのこの記事を思い出したので・・・。
http://www.bbc.co.uk/news/entertainment-arts-12500588 このリンクで動画が見られると思います。


コメントありがとうございます。2

*みきさん*
この方ではありません。この方はお胸がセールスポイントみたいですね。セクスィー路線で売っているのでしょうか?今回のソプラノ歌手はたまたまお胸が立派なのに、お衣装がぐっと持ち上げるようなものだったのでものすごいことになったと思われます。でも、地元の批評によるとお歌はかなりお上手でそちらのほうで正統に評価されているようです。うちのだんな君いわく、あれならバイエルンの国立劇場でも通用するんじゃないかって。(←今回はちょっと小さめの劇場だったのです)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP