CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2011/01/13 (Thu) 15:02
ツリーのお片づけ




こんにちわんこ。

パパリンの腕の中が大好きなタルです。
パパリンの腕の中が好き
おドイツのクリスマスは
1月6日の「3人の王様の日」で終わりなんだよ。



今年もSternsingerがやってきて玄関のドアに
例のなぞの文字を書いていってくれました。
ヨシヨシこれで一年家内安全。

クリスマスツリーお役ごめんでお片づけとなります。


うちの町はこの「3人の王様の日」のあとの土・日に
プロテスタント教会の青年部のお兄ちゃんお姉ちゃんたちが


いくらかの寄付をしていただけたらお宅のクリスマスツリーを持っていきますよ。

軽トラックで回収してくれるので
ちょっと前まではそれにお願いして処分していました。


でも

最近はそれ頼まないんです。

だって、だってね、聞いてよ奥さん!
奥さんじゃなくても聞いて!


ぐー家は長屋式の家(←日本でいうところのテラスハウス?)に住んでいるので
玄関とお庭がこんな具合になっているのね。
ぐー家のお庭と玄関の位置関係
廃棄するクリスマスツリーは道路側(南)の庭の外に出しておくの。

まず寄付ツリー集めのお兄ちゃん、あるいはお姉ちゃんが北側の玄関に来て、
寄付をくれた家のツリーを後から回収していってくれるってわけ。


何年か前にいつものように玄関に現れた感じのいいお兄ちゃんに
大枚10ユーロを寄付したのに
ご苦労様の意味でケチなつましいぐーママことpharyにしては大判振る舞い
大枚10ユーロを渡したのに、(←いつもなら5ユーロぐらいなのに、この日は5ユーロ紙幣もコインもなかった)

待てど暮らせどうちの庭の外に出したツリーは
持っていってもらえなかったのよ。

お隣さん達のツリーはなくなっているのに
ぐー家のツリーだけは次の日もそのまま。

何しろうちの庭の前においてあるから
それがうちのツリーであることは一目瞭然。

イヤだ、まるでうちが寄付を渋ったみたいじゃないの!

10ユーロも出したのに!


ツリー回収をしているプロテスタント教会に電話を入れて

ちょっとぉ、10ユーロも寄付したんだからちゃんと持っていってよねっ。
寄付をしたのですが、家のツリーを持っていくのを忘れたらしいので
至急回収してくれませんか?
苦情の電話をかけたのに

ってお願いして、電話に出た人も


多分同じような家が並んでいて
しかも裏からだったからどのうちが寄付をくれたのか分からなくなってしまったんでしょう。(←ちゃんとしるしつけるなりメモなりしなさいよ!)
確かに寄付はしていただけたんですね。(←寄付したから外にツリーを出したんでしょうよ!)
もうトラックはないのですが、、、何とかします。(←この「が、、、」が「だいじょうぶ?」感をあおる)

って言ってたにもかかわらず、

なーーーんにもしてくれなかったの。


一週間経ってもツリーは相変わらずそのままぐー家のお庭の外。
一週間経ってもまだある

ご近所の目が気になる見た目も悪いので仕方なく
だんな君と二人でお天気のいい日に植木バサミで
枝をチョキチョキ切って解体し、(←結構力が要る)

町のゴミ捨て場まで持っていったのでした。


1週間も野ざらしになっていたツリーは
泥とかついてベトベトしちゃって

10ユーロも出したのにこんな仕事しなくちゃいけないなんて、、、(←10ユーロにこだわる人←だってぐーママにとっては大枚だもの)

枝を切りながらホントに情けなかった


それ以来、ぐー家では
クリマスツリー解体

ツリーは自分達で切って処分するようにしているのです。
庭ゴミ用の袋に入れる

また置いてかれちゃったらいやだし、
すっかり丸裸

寄付もしなくていいしね。
寄付もしなくていいし
そう、ソコ結構ポイントかも。



大体ぐー家は(不信心だけど)カトリックだしさ、
お安くない教会税も払った上に
プロテスタントの教会に寄付するいわれはないのよね。
タルッとクリックお願いします。→ 




関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 誕生日のご馳走(?) | ホーム | 連日ハード >>

コメント

私たちが住んでいる町は、地区ごとに決まった日に市が持って行ってくれます。家の前の歩道とかに出しておくんです。うちは、ツリーじゃなくて枝なんですが、それも持って行ってくれました。


えぇ~v-12pharyさん一家はカトリックだったんですか~!
ちゃんとに教会税も払ってるんですね。エライ。
ドイツでも教会税のせいで脱会する方多いですもんね。

それにしても、寄付したのに持って行ってくれないって、、、無駄にお金あげただけ(それが寄付ってもんだけどさぁ~)って感じですね。
寄付じゃなくって、ツリー持って行き代だったら、契約違反でしょうに。


コメントありがとうございます。

*虎ママさん*
市が持って行ってくれるのはいいですね。ゴミの料金を払っているのだからそれくらいしてくれてもよさそうですけど、、、教会の資金集めに協力しているんでしょうか?

*ブースケさん*
アハハハ、あまりにオチャラケ家族だからカトリックとは思えませんでしたか?これでも子供が小さかった頃は教会にも行っていたんですよ。教会税がもったいないから脱会しようとも思ったのですが、その手続きがめんどくさくてそのままになっているのです。(←といってもたいした手間ではないらしいのですが←ぐーたらね、うちって)


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP