CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年のぐーたらママ。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 だったのが、強制ダイエットの結果現在4,7㎏維持してます。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 フリーター脱出!
最近ぽっちゃり系に移行しそうになっている。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて 新しい就職 先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2010/12/10 (Fri) 17:53
真夜中の解体





こんにちわんこ。

ちょっと寝不足のタルです。

ちょっと寝不足
だって、パパリンとママリンが昨日真夜中までゴソゴソガタガタうるさかったんだもん。


何をしていたかっていうと、、、


このリビングのタンス?サイドボード?日本語でなんというのでしょう?
古いWohnzimmerschrank 
マ、とにかくこれを解体していたのです。

このリビングのタンス(←じゃないかもしれないけど、ここでは仮にタンスということにします)は
かなりの年代もの

多分60年以上前のものではないかと思われます。

よく分からないのは
ぐーママことpharyとだんな君が結婚したときに
ご近所さんから中古で当時400マルクで買ったものだからです。

Nussbaum(ヌスバウム=胡桃の木)で出来たとてもいい品なのですが、
いかんせん、蝶番や鍵穴なんかがガタついてきて

今の家に引っ越してきたときからずっと
新しいのを買おうと思って探していたのでした。

今年の9月にある家具屋さんで30%引きのセールをやっていたので
今年はバカンスなしってことにして思い切って買いました。


こちらの家具ってPKEAみたいな安売り家具は例外として
買ったからといってすぐに配達はしてくれないのです。

買ってからお店がメーカーに発注して、前金を払って
待つこと約3ヶ月

金曜日にお届けします。

という連絡が入ったのが今週の月曜日。

じゃ、町の粗大ゴミ係りに電話して
木曜日に古いタンスを取りに来てもらおうって思ったのに、、、
背板をとる
もう予約でいっぱいなので3週間後になりますが、、、


ガガーーーン!

あ、、、甘かったわ。

どうしよう?
新しいタンスが来るまでに古いタンスを処分しなきゃ置く場所がないっ!


というわけで、
だんな君が会社に行っている日中に
ぐーママがシコシコとタンスの中身を出し、

配達の一日前の夕ゴハン後から解体作業を始めた次第です。

解体したタンスはとりあえずテラスに置くことにしました。
というかそれしか方法がないもんで、、、。

もっと早くから始めればよかったのに、、、。
もっと早く始めていればよかったのに
イヤだって、中には普段使いの食器も入っていたし
第一めんどくさくて、、、、

おPりに火がつかないと動き出さないぐーママはともかく、

いつもならてきぱき仕事を始めるだんな君も
このところ仕事が忙しくて
帰宅してゴハンを食べると倒れるようにベッドにもぐりこんでいたので

なかなか始められなかったのよ。


先ずタンスの背板をはずします。
背板をとる2
それから上の板、上の棚、脇板と順にはずしていって

と書くと簡単なようですが、
ものがいいだけあって(←400マルクだったけど)やたら頑丈に作られていて
ネジ一つ緩めるにも相当な時間がかかったんです。

ぐーママでは背も小さいし、力も弱いってんで
試験前の勉強をしていた末っ子が借り出されました。

真ん中の部分はガラス戸が入ってでかなり重いです。
力持ちの末っ子
わぁ、末っ子ちゃんったら力持ちぃ!

ここまで手伝ってくれた末っ子

明日試験なんだからこれでお手伝いはおしまいっ!

と上に行ってしまいました。

えぇっ、そんなぁ。
上段からはずしていく
少しでも人手がほしいのに、、、。
もう11時過ぎだよ。

いったいつになったら終わるんだろ?


はずしていった棚は接続部分をはずしてバラバラにします。
はずした順に解体

蝶番もネジもとにかく回してはずしてドンドン解体。
ドンドン解体

もう手首が痛くなってそれでもクルクルネジを回して回して回して回しました。
下段も解体
しばらくはねじ回しをしたくないってくらい回しました。

やっと全部ばらしてテラスに運びだしたところです。
とうとう何もなくなった
8時から初めて

お掃除も含めて全部終わったのが真夜中の1時半過ぎ。
作業終了は真夜中の1時半
だんな君もぐーママも
ここんとここんなにグッタリしたことはないっていうくらいグッタリでした。

15年前のお引越しはほとんど二人で荷物を運んだリ組み立てたりしたのに
今回はちょっと板を持ち上げて、
あとはねじ回しだけだったのにこんなに疲れるなんて、、、。

あの頃は若かったわ。(←「もう年だわ。」と素直に言いませう。←言いたくない←無駄なあがき)

タルルンもお手伝いしてくれたらよかったのに。
ボクはおネンネしたかったのに
だってボクわんこだもの。ねじ回しは使えないよぅ。

今後のために特訓よ!


次回は新しいリビングのタンスの記事です。
タルッとクリックお願いします。→ 





関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 一箇所豪華主義 | ホーム | 会社支給のアドカレ >>

コメント

ご苦労さまでしたー。
配達は、きちんと予告とおり、あったんでしょうか。それがとっても心配ですが・・・。ここはドイツだから・・・。


ひゃ~重たそう~~!!夜遅くまでお疲れさまでした。
古き佳きドイツらしい、素敵なタンスですね。pharyさんが旦那さまから日々"Meine Taube"と呼ばれていた頃から、ご一家を見守ってきたわけですね。
新しいタンスの記事も楽しみにしています!


アメリカ人の男性はDIYツールをいろいろ持ってて、電動ねじ回しは誰でも持っているって印象なのですが、ドイツ人男性は手動なんですね。お疲れさまでした。

古いタンス、見た目はまだまだ使えそうですが…

解体後の廃材はリサイクルですか?



お疲れ様でした!
一気に終わらせてしまわないと、余計疲れる気がします。こちらの家具、ドアまで重いですしね(汗)
しっかりしてそうで素敵なので、パーツをコネコネするのが好きな方なら持って行ってくれそう♪


写真のフロアーの色の違いが年月を感じさせますねー。
オツカレサマでした。
これってイギリスだと中古品ってことで、売りに出したりするでしょうけど、ドイツではあまりそういったことはしないんですか?
(状態によって)多少難ありみたいな。
売る条件のところに、取りに来てくれる人とか?


コメントありがとうございます。

*虎ママさん*
後記事にあるように1時間遅れではありましたが、雪の中午前チウに来てくれました。着てくれなかったら怒りますよ、あんなに必死に解体したんですから。

*Kisaさん*
重かったです。ねじもきつかったです。
<古き佳きドイツらしい、素敵なタンス>
えぇ、私このタンス結構好きだったんです、重厚な感じがして。可能ならそのまま地下にでもと思ったくらい。残念ながら地下ももうガラクタで一杯なのであきらめました。

*Susieさん*
うちにも電動ねじ回しはあるのですが、重いし勢いがあるので私には使いこなせないだろうってだんな君が言うのでお手手でがんばりました。
<古いタンス、見た目はまだまだ使えそう>
蝶番が緩んでしまったのと、とってが数箇所取れてしまったのと、鍵穴の金具が数箇所取れてしまったのを取り替えれば何とかなると思ったのですが、そのうち引き出しの底が抜けてしまって、、、専門家にかかれば直せたと思うのですが、何しろたった400マルクで買ったものですし、第一だんな君がもう新しいのを買う気満々だったので処分と相成りました。
リサイクルに回せればいいのですが、この雪の中テラスでぬれてしまったから、、、。

*Setteさん*
<しっかりしてそうで素敵なので、パーツをコネコネするのが好きな方なら持って行ってくれそう♪ >
私もそう思ってスーパーに掲示板に広告を出そうって言ったのですが、テラスで雪にぬれてしまったから多分だめだろうって。でもガラスのドアなんか本当に素敵なんです。もったいないなぁ。

*みきさん*
<中古品ってことで、売りに出したりする>
もちろんドイツでもそれは普通です。でもあまりに壊れているところが多すぎて売りに出すのはちょっと、、、という状態だったのです。解体した板でよければもうタダであげちゃってもいいのですが、何しろぬれてしまったので、、、、。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP