CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2010/11/18 (Thu) 09:29
中世祭り



こんにちわんこ。
末っ子ちゃんにいいようにおもちゃにされているかわいそうなタルです。

されるがまま


10月のはじめのことですが、
うちの町でMittelalterfest(ミッテルアルターフェスト=中世祭り)なるものが開催されました。

町からのお知らせとかをあまりちゃんと見ないので
その日がそうだとは知らずに
だんな君、タルとうちの町の唯一の名所
東側から見たKloster

Kloster(クロースター=修道院)方面にお散歩に行ったら

突然表れた中世の騎士!
突然目の前に中世の騎士が!
あぁ、そういえば、、、

と気がついて

中に入ってみたら
中に入って見ると
入場料5ユーロなりが必要でした。 このわんちゃんはタルではありません。

お財布を持っていなかったので
今日は中世祭り
柵の外から覗き見見学しました。

中では中世当時の
いろいろやってます

市場の様子が再現されていました。
専門の人達?
パチパチおさしん撮っていたら

このおにいさんが
お、カメラ目線
そんなとこから撮ってないで中に入れば?(←何気に商売上手)

あ~ん、お金持ってないんですぅ。


中世風の焼き物はごっついです。
焼き物を売っています。

あとでちゃんとお金を払って入場した人にきいたら
当時の市場の様子を再現
当時の方法での蝋燭作りとか、織物作りなんかも(有料で)体験できたそうです。

自分で作ったものはもちろんお持ち帰りで。
お休み処?

まだ火が入ってないけど
このデカ鍋で作ったスープっていうかごった煮も売っていて
でか鍋でスープとか
中世風のパンとともになかなかのお味だったようです。

ドキッ!キツネの皮剥ぎ?
皮剥ぎしているのかと思った
と思いきや、
わんこのおなかをなでているだけでした。

重いよろいを脱いで
よろいを脱いで

一休みしている騎士役の方。
一休み
あのよろいはかなり重いらしいですから重労働ですよね。

そうこうしているうちに
中世の楽隊
音楽が鳴り響き

中世の踊りの始まりです。
踊りの始まり

柵の外からでもたっぷり楽しむことが出来ました。(←ささやかなお得感)
柵の外から見学

最後にわが町の誇る(←というかそれしか誇るのもがない)修道院教会のおさしんをどうぞ。
うちの町の修道院
結構きれいでしょ。

内部はバイエルンで一番きれいな教会だという人もいます。
修道院内部は静かでした
側廊には元修道院長らの骸骨が金ぴかの法衣をまとって横たわったガラスのケースなんかがあって、
夕暮れ時なんかに入るとちょっと怖いです。

ボクはわんこだから中には入っちゃいけなくて
ママリンがおさしん撮る間お外で待っていたんだよ。

教会の中には入れない
たいていのところはわんこOKなおドイツなのにね。


わんこ差別はんたーーい!
タルッとクリックお願いします。→ 




関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< オバフィー宣言 | ホーム | 悪事再び >>

コメント

おお~

中世の騎士~かっちょいい~♪
でも、それよか建物~っ!
なんてきれいなの~。
おヨーロッパの建物はみんな
きれいだよね。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます


ミュンヘン郊外で中世のお祭り行ったことがあります。ここではなかったような気がします。あちこちで行われるのかな。こういうお祭りに参加しているドイツ人ってみんな楽しそうですよね。


素敵~オドイツッて感じですね。日本だったら,時代劇の着物集団になるのかしら、、、。


素敵な修道院ですね。それにしても、ママがお写真撮っている間、お外でおとなしく待っていたタル君・・・エライ(*^_^*)


コメントありがとうございます。

*tamakitiさん*
修道院教会きれいでしょ。記事にも書きましたが、人によってはバイエルンで一番きれいなバロック形式の教会らしいです。うちの町ってこれしかないんです。

*管理人のみ閲覧できますさん*
そうです、この教会はバロックです。一目でわかるとはさすがですね。ここは建物の一部が市の文化センター、警察学校になっていますが、まだ修道院のままです。ときどき修道僧の方が敷地内をうろちょろ歩き回っています。

*Rottenmeierさん*
こういうお祭りはあちこちで開かれているようです。そしてどうもこの扮装する方たちはプロらしいです。サーカスのように各地を巡業してるということです。だから入場料がとられるんです。

*ワクドキさん*
<日本だったら,時代劇の着物集団>
そうですそうですその通りです。
日本の時代劇と違ってテントだけだから移動も簡単ですよね。

*himeさん*
うちの町自慢の修道院です。テカそれしかない町ですが。タルはビビリ犬なのでお外に出ると私のそばを離れないんです。買い物なんかでお店に入っても私が出てくるまで入り口を離れずじっと待っています。


素敵な雰囲気ですね

コメントが遅くなりましたが……。

昔、ローテンブルクで、こういうお祭りを見たことを思い出します。古い町並みが残っていると、昔風の衣装がハマるんですよね~。

てっきり町の人が仮装しているのかと思ったのですが、そうでもないのですね。でも、歴史好きの人だったら、こういう仕事って楽しいだろうなあ、と思います。

ヴィースの教会もそうですが、そんなに便のいいところではないはずなのに、びっくりするほどきらびやかな教会があるのですね。今年の夏に、仕事でオットーボイレンでの演奏会の映像を見て、「こういうところって、ヴィースだけじゃないんだ」と思いました。


コメントありがとうございます。2

*REMIさん*
<てっきり町の人が仮装しているのかと思った>
うちの子供たちが小さかった頃は町の学校単位、スポーツクラブ単位、有志のグループといった人たちが扮装してました。私も子供のために下手くそな衣装を作ったりしたのですが、だんだん規模が大きくなっていって、今ではこんなふうになりました。すごくリアルになった反面、手作りの良さがなくなってちょっと残念な気もします。
<そんなに便のいいところではないはずなのに、びっくりするほどきらびやかな教会がある>
修道院はもともと不便なところに作られたからでしょう。修道院が豊かならそれに付属する教会も自然豪華になっていったものと思われます。
うちの修道院はバイエルンの国王などから結構な土地の寄進を受けて、昔は大いに栄えたようです。今の町の名前もそれにちなんでつけられたものです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP