CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年のぐーたらママ。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 だったのが、強制ダイエットの結果現在4,7㎏維持してます。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 フリーター脱出!
最近ぽっちゃり系に移行しそうになっている。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて 新しい就職 先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2006/06/05 (Mon) 07:24
応援の理由

しつこいようですが、先日のサッカー、ドイツ-日本戦、私は日独両方に応援したんですけど、

ゆき珠さんのところでは、純粋日本人家族なのに、日本の選手になじみがないということでドイツよりの応援だったそうです。

で、Pケヤで1、5ユーロ朝ご飯を一緒に食べた友達のところでは、日独ハーフの子供達が
日本ガンバレ!」に凝り固まっていたそうです。
理由は分からないけど、、と母親である友達は頭をひねっておりました。

もう一人の友人の子どもは母親の「どっちに勝って欲しい?」の問いに「日本」と答えたそうです。

理由は、日本に勝ってもらわないと友達から
日本はやっぱりだめだなぁ。」
と言われそうだからとか。

ふーん、自分の血をばかにされたくないわけね
ふーん。



で、私もきいてみました。
試合中はクールっていうか、あんまり関心がなかったみたいな(私が「ヤッター。ゴールっ!」と叫ぶたびに「どっち?」とききにくる程度。)うちの子供達に。

「ねぇ、こないだのドイツと日本のサッカーさ、正直言ってどっちに勝ってほしかった?」

お姉ちゃんは「どっちだってよかったけど、、、

日本弱そうでかわいそうだから

本番でもないし、まぁ、日本でもいいかなって感じ。」

あ、同情してくれていたのね。



お兄ちゃんは
「ウーン、ドイツ。開催国なのに負けが多かったら、

盛り上がりにかけるじゃん。」

へぇ、WM運営を心配してるんだ
へぇ、




末っ子は、
「えー、わかんなーい。」

自分の気持ちも分からんのかい?
ていうか、またいつものようになにも考えていないのね。
まるで日本の頭空っぽのぶりっこ娘そのものじゃない!!!


タルッと一回クリックして、
末っ子の頭に刺激を下さい。




関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 新歯磨きグッズ | ホーム | 線路沿いの道 >>

コメント

なかなか面白いですねー!
ハーフのお子さんはプライドが高いのですねv-219
でもなんか…全体的に日本は駄目みたいなのが前提の意見なのが悲しい…v-406
こういうとき外国の方の日本への印象がうかがえますねー。


うちの息子さんたちは、純潔日本人なのに、、、知らない選手が多いせいもあって、日本チームに興味なし。『どぉせ、予選で帰るんでしょ』と。
ちび君だけが、ちょっとだけ応援しちゃってもいいかな?って微妙な感じです。


あ!クリックが早すぎた。ここからが大事なのに!

それがです!!
実はマルタ戦の結果を聞いた途端、、、彼らは一段と日本代表チームに冷酷になり、、、『日本人が恥ずかしくならないような負け方をしてくれないかなぁ・・・同じ予選で帰るにしても』ですって!かなり辛口でした・・・。
君らの野球チームはどうなんだ!って聞きたいんですけどね、本当は。


コメントありがとうございます。

*さゆりさん*
プライドっていうか、やっぱり母親がアジア人なんで、程度の低い友達なんかは、そういうところを低く見るというか、ばかにされることがあるようです。
うちの息子も、小学生のとき、ドイツの男の子にものすごく人気のあったアメリカ版リメイクの「ジュウレンジャー」(こっちで何と言ったか忘れました。)が、元々は日本の物だといったところ、ある友達から「うそつき、あれはアメリカの番組だぞ。日本人の方が真似をしたんだろ。パパが言ってたぞ。日本人は物まねが得意だってな。」と言われ、泣いて悔しがったことがあります。
結局、ヨーロッパでは、アジア人はまだまだ軽く見られがちなんです。

サッカーでも、やっぱり話題になるのは圧倒的に南米、ヨーロッパ組で、日本、韓国はなかなかニュースになりません。

*ゆき珠さん*
お宅のお子さんたちは私の友人の子どもと同じような感じを持っているんでしょうね。日本が惨めな負け方をすると、ドイツに住む日本人である自分たちが恥ずかしいみたいな。
うちも初めっから「日本に期待はしない」ことが前提ですから、負けても「あぁ、やっぱり。」みたいなところがあって。
だからこそ、一層がんばって欲しいです、このあいだのドイツ戦のときのように。「どーだ、日本をばかにするんじゃないっ!」と周囲に言いたいです。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP