FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!

      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2010/07/26 (Mon) 23:05
ペターッ





うちの近所で起こった電車事故のことを書いています。
初めての方はこちらから先にお読みください。→事故現場目撃者達


いきなり急ブレーキをかけて止まった電車。(←徐々にかける急ブレーキもあるのか?)

何が起こったかわからない乗客たちでしたが、
最後尾に乗っていた人たちは


電車後方の


軌道上に


線路に平行になるような格好で




ペターッ
ペターッ
腹ばいに伸びている(多分)男性を目撃したのです。


し、、、死んでいるのか、、、?
乗客は見た!
固唾を呑んで見守る乗客たち。



と、、、



やおらその(多分)男性が




ムクッ
むっくり
起き上がったかと思うと(←「ヨロヨロと起き上がった」という証言もあり)



スタスタと(←「フラフラと」という証言もあり)
すたすた
森の茂みの中に入っていったのでした。



多分、自殺しようと線路に横になったはいいけれど

直前に心変わりして

とっさに姿勢を変えて

命拾いしたのだと思われます。


このときの警察の人たちは
バラバラになった遺体を捜し集めていたのではなく、
この森の中へ歩いていった(多分)男性を探していたのでした。


人騒がせな事件でしたが、

おかげで
ぐーママことpharyの住む町の人たちは

万が一電車に轢かれそうになったときは

ペターッと腹ばいになれば助かるということを学んだのでした。


頭でっかちの人はちょっと危ないね。
頭でっかちの人はあぶない
確かに。

後頭部が削れちゃうかもね。



ちなみにこの(多分)男性はまだ見つかっていません。

タルッとクリックお願いします。→ 







関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 大雨の楽しみ | ホーム | 目撃者達 >>

コメント

だは~

太ったおばちゃんも危ないっす~。



お、恐ろしい

私、厚みのあるボディー(ようするにOブ)ですので、これもやばいです。

何はともあれ、列車の運転手も、最後部に乗っていた人たちも、嫌な思いをせずに済んだわけですね。
でも、未遂に終わっただけでも、運転手さんにとっては、トラウマ的経験ですよね。気の毒です。

この男性、これで命拾いしたのですから、残りの人生を大切に生きて欲しいですね。


うわ~!迷惑なやつ。いや、ばらばらになっていたらもっと迷惑だったか。最悪なケースにならなくて良かったというしかないですね。
そういえばドイツナショナルチームのゴールキーパーも鉄道で自殺したのではなかったかしら。
大前提で自殺はいかんが、多くの人に迷惑をかける死に方もいかんです。


あー、、、コレたぶん、たちの悪い悪戯でしょうね。
事故にならないことが分かってて度胸試し的な。
以前にロシアかなんかでも同じような悪戯がニュースになっていた気がします。
どちらにせよ、運転士さんには迷惑な話ですが。
この男性は見つからないと思いますよ~。


コメントありがとうございます。

*tamakitiさん*
アー、確かに。でも太ったオヂさんだって危ないですよ。

*らくだのせなかさん*
<未遂に終わっただけでも、運転手さんにとっては、トラウマ的経験ですよね。気の毒です。 >
実は私の小学校のときの同級生がJRの運転手をしていたんです。幸い彼は経験がないのですが、同僚でそういう目にあった人がいるそうです。すっごく落ち込むんですってね。中には転職した人もいるそうです。
分かるな、その気持ち。

*Rottenmeierさん*
<最悪なケースにならなくて良かったというしかない>
ねー、どちらにしても運転手さんはきっと心臓が止まる思いだったでしょうに。何考えてるんでしょう、人騒がせな。

*バートさん*
えーーーーーーッ、こんな危ない悪戯する人がいるんですか?事故にならないことが分かっていてって、、、、一つ間違ったら命がないのに?考えられない。こういう場合、見つかったらかなりの罰金っていうか、賠償金をとられるんじゃなかったでしたっけ?もし、本当に悪戯だったら、捕まってしまえばいいのに。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP