fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能だったが、一歳前後から3〜3,1kgに定着した活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。
出産・育休を機に転職。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者だった。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2010/07/24 (Sat) 20:19
目撃者達




ぐー家の近所で起こった衝撃の電車事故のことについて書いています。

初めての方はこちらの記事を先にお読みください。→事故現場




電車の事故(←人身事故ということだった)があった二日後
ご近所さんから得た情報によると、、、、


電車の進行方向の線路上に横たわる人物を発見した電車の運転手は
運転手は見た!

思いっきり急ブレーキをかけました。




が、




間に合わず
急ブレーキ
無情にも電車はその地点を通過してしまいました。


あまりのことに仰天した運転手さんは(←そりゃそうでしょう)

放心状態でその筋に報告。
事故の報告

その間、乗客は何が起こったのかもわからなかったそうですが、

電車最後尾に乗っていた乗客数人が電車の後方
乗客は見た!
とんでもないものを見てしまうのです。


しかしへったPそな絵だね。
へったPそな絵だね
自分でもそう思う、、、、。

でもね、電車って描くの難しいのよ。(←電車以外もへったPそだよ)



乗客は何を見たのか?

待て、衝撃の最終回



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ







関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : 電車事故事故現場目撃者達電車急ブレーキ最後尾とんでもないもの

<< ペターッ | ホーム | 事故現場 >>

コメント

ひえーーー!
って、何を見たのか次回に譲るとして、
何となく想像できてしまう。
昔、父が生きていた頃の話。
父は若い頃岡山、それも山陽本線の線路近くに住んでいたそうだ。
丁度カーブのところで、「それ」は起こる。
列車はすごい音を立てて必死に停まろうとする。
「ギギギギギギーーー」
勿論間に合わない。
父はよく「それ」を見に行ったそうだが、
「スパッ」ときれいに切れていたそうだ。

ブルーベリーの件
お世話様でした。圧力をかけた訳では全く無いんだけれど、うちは毎年楽しみにしているものだから、
今年も誘って欲しいな、という軽い気分でお願いしてしまった。
負担になってしまったのなら申し訳ない。
ゴメンナサイ。


多分、寝転んでいた人は違う線路にいて、ショックのあとに逃げ出したのをヘリコプターが探していた、とか・・・?


うわー……。見ちゃった人は災難ですね。。。
逝っちゃった人はそれまでなので良いですけど、残った人の方がねぇ。
あんまりグロイのだと、トラウマになりそうですね。

あ、オチがまだでしたね。
楽しみに待ってますよーっ!


コメントありがとうございます。

*eisenbahnerさん*
<「スパッ」ときれいに切れていたそうだ。>
線路に横たわっている場合はそうなんですってね。でもうちの近所のそれは飛込みが多いのでグチャグチャのバラバラになるそうです。うー、そういう場面には遭遇したくないもんですね。
今回のは、、、ウフ、期待はずれでしたか?

*みきさん*
後半部分当たりです。さすがみきさん。

*バートさん*
<見ちゃった人は災難>
いつだったか例のガード下を歩いていた人の目の前に飛び込み自殺した人の体の一部が飛んできてボトッと落ちたそうです。それって、悪夢以外の何者でもないですよね。でも、あそこって多いから私だっていつそんな目にあうか分かったモンじゃないです。タルがあそこを通りたがらないのも分かるような気がします。
でも今回は、、、ウフ、こういうオチだったのよ。平和でしょ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP