FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2010/07/20 (Tue) 22:36
事故現場



WM真っ最チウの頃のとある木曜日、

朝、いつものようにだんな君・タルと一緒に駅に向かっていると
同じ電車に乗るご近所さんがゾロゾロ戻ってきました。

きけば
事故があって電車が動かないのだそうです。

電車が動かない
しかも
どうやら人身事故(=自殺)らしいとか、、、。

えー、またぁ?


うちの線はなぜだか自殺が多くて
ぐー家がこの町に引っ越してきてからすでに4件の飛び込み自殺があり、
5人の方が亡くなっています。

しかもそのほとんどがうちの駅の近くで起こっているのです。(←多分だから霊感犬タルは駅のそばのガードを通るのを怖がるのです)

でも今回の事故現場
うちの駅と隣の駅のあいだの森のところらしいということでした。


仕方がないのでだんな君を隣の駅まで車で送っていって

その帰り道、
線路が見渡せるところに来たら、

事故現場と思われるところに
数台のパトロールカー、
救急車、
なぜか消防車が一台、
その上ヘリコプターまでブンブン飛んで
沢山いた警察官の人たちは何かを探しているようでした。

事故現場を通ると
轢死体はかなり悲惨な状態になって

場合によっては遺体の一部が遠くに飛んでしまうこともある

ときいていたので

怖い想像
アァ、きっとそんな風になった遺体の部分を探しているんだな。

ヤダナ、タルちゃんが変なもん咥えてきたりしたら怖いから
これからしばらくあの辺はタルのお散歩のコースからはずそう。


などと思いながら通り過ぎたのでした。



ところが
その後、衝撃的な事実が判明するのです。


エッ?
エッ?





続きは次回。


そんな思わせぶりな、、、。
そんな思わせぶりな、、、

だって眠いんだもん。


完結しなかったけど、
タルッとクリックお願いします。→ 







関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< 目撃者達 | ホーム | 2010年・ああいう方々のパレード >>

コメント

こんばんは
ブログを拝見してから出勤すると、駅前でバスを降りる間際に運転手さんが『JR動いていません』と、ボソッと言うではありませんか。
やられました、朝の出勤時、JR東海道線は1時間ストップしていました。
動き出してからもホームは人で溢れかえり、この暑い時に電車は文字通りぎゅうぎゅうの超満員。
汗だくおじさん達に触れたくない~!
こういうの、日本だけの出来事かと思っていましたが、ドイツでもあるんですね。エンケの事件でも珍しいことなのかと思っていました。
そこまで追い込まれてしまう。。。悲しいことです。。。


霊感シリーズ第2段ですね。
亡くなられた方には申し訳ないが、
早く続きを読みたい。

金曜日、晴れるといいね。
雨の予報みたいだけど、、、


コメントありがとうございます。

*Junjunさん*
電車への飛び込み自殺って結構多いです。特にうちの線は何かに呼ばれるのか多いんですよ。v-404今回は飛込みじゃなかったんですけど、、。(←後記事読んでください。)
悲惨だったのは10年ぐらい前の父親が子どもと無理心中しようとして子どもだけ助かったケースかな。子どもは目の前で父親の死を見ちゃったわけです。おねえちゃんがギムナジウム時代に一学年上の男の子が亡くなったときも、小さい町で結構顔見知りだったんで衝撃でした。
<この暑い時に電車は文字通りぎゅうぎゅうの超満員。
汗だくおじさん達に触れたくない~! >
う~、想像したくもない状況ですね、ご愁傷様です。

*eisenbahnerさん*
今回は霊感というわけではないのです。
金曜日は摘んでいるときだけ雨がやんでくれてラッキーでした。私達の日ごろの行いがよかったせいでしょう。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP