CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2010/04/22 (Thu) 23:55
在庫処分品の地下宮殿




復活祭の休みに行ったイスタンブールのことを書いています。
(これまでの記事はこちら→イスタンブール旅行



おなかもいっぱいになったので、やっと観光開始です。

最初に行ったのは
というかレストランから一番近いところにあったのは


地下宮殿(YEREBATAN SARAYI)
Yerebatan Sarayi(地下宮殿)-01
もともとは東ローマ帝国のユスティアニアヌス帝が作った貯水池だったそうです。
ローマ人ってすごいなぁといまさらながら感心。

ここはおさしんを撮るのにとっても苦労しました
フラッシュを使うと背景が暗ぁくなっちゃってきれいでもなんでもなくなってしまうけど、

Yerebatan Sarayi(地下宮殿)-02
ノーフラッシュだと前に立つ人が幽霊みたいにしか写らないの。

宮殿の一番奥には
Yerebatan Sarayi(地下宮殿)-04
謎のメドゥサ。(と、いい年こいてピースサインするアラフィーおばさん)
このメドゥサは逆さまだけど、横に寝ているのもあるのね。

「謎の」って書いたけど、
実は
「円柱のうち、98本は5世紀に流行したアカンサス柱頭を備えたもので、おそらく流行遅れ在庫処分品であったらしい。このほかにも、目玉飾りで覆われた柱身や、メデューサの顔が彫られた古代の石塊を土台にするなど、特に美的効果を必要としなかったために半端な材料が用いられた」

というのが実情らしいです。

だからメドゥサの頭が横になっていようが逆さまであろうが
どうでもよかったみたい。
すわりのよさのほうが大事だったのね。

でも、「在庫処分」って、、、、なんかミモフタモナイ言い方ね。

やっぱり「謎の」っていうほうがロマンチックかも。


すーぱーふみふみさんのブログを見て出発前から

これはやらねば!

と思っていた、涙の柱(←これが多分上の解説でいうところの「目玉飾りで覆われた柱身」だと思います)の穴に親指を入れてぐるーりってするやつ。(←願い事がかなうらしい)
Yerebatan Sarayi(地下宮殿)-03
柱自体がヌルヌルしていてちょっとキモかったのですが
がんばりました。

がっっっ、

ポーズ作ることばかり考えて
はっ!!
肝心の願い事を心の中で唱えるの忘れちゃったぁ!

おバカとしか言いようがないね。
おバカとしか言いようがない
わぁ~ん。ほんとにバカだわ、自分!

気がついたときには(←「ママ、ナニお願いしたの?」って末っ子にきかれた)
もうお外に出ちゃってて
もう一回入場料払いたくなかったのよう。

クスン、
アヤソフィアにも同じような穴のある柱があるというから、
じゃ、そこで後日リベンジだわ!

と自分を慰め、、、

次はブルーモスクへ向かいます。



あぁ、やっとイスタンブールに到着して5時間ばかりが過ぎました。
先は長いなぁ。たった3泊4日なのに。(←要領が悪いのよ。←文章がヘタクソで歯切れが悪いということもある)
タルッとクリックお願いします。→ 



関連記事

テーマ : 海外旅行 - ジャンル : 旅行

<< お休み処 ブルーモスク | ホーム | 対リヨン 第一戦勝利 >>

コメント

おおっ!

飛んでイスタンブール←古っ!
いいないいな~ってか暗くてよくわかんないけど。
そういえば、バイエルンにオランダ代表のすごいFWいますよね。
ハゲてるけどすごいよね。
日本代表はオランダと当たるんだけどね。
逆立ちしても勝てないよね。とほほ



まちがい

ロッペン?つったっけ?
MFだっけ?


暗いところで写真撮るのって本当大変ですよね~。
フラッシュ焚いちゃうと、前の人だけはっきり白っぽく写って、後ろが。。。ってなっちゃうし。
フラッシュなしだと、何がなんだか分からない。。。って事も。
薄暗いレストランとかでは、周りの人達に気付かれずにフラッシュなしで撮ったりするので、なんだかボヤケタ写真が多いような。

この「謎の」の解説(本当のところ?!)、笑える~。
でも、そんな気合が入ってないデコレーションだったのに、今となっては観光名所になってるんですもんね。
時代遅れだった。。って言っても、何世紀も後になれば全部遅れてるっちゅうことですね(笑)


いいですねぇ、イスタンブール♪
仕事で何回も行きましたが、シーフードが美味しかったので夕飯が凄く楽しかった印象があります。
あ、肉料理も美味しかったですけどね。

でも仕事なので結局ブルーモスクは、その前を車で通るだけで一度も中に入ったことがありません(><.)
続きが楽しみ~。


コメントありがとうございます。

*tamakitiさん*
<日本代表はオランダと当たる>
ご愁傷様、オランダは強いですよ。
バイエルンにいるオランダ人は監督のファン・ハールと、ボランチのファン・ボメル、そして若禿げの我らのロッベンです。ロッベンはMFなんですが、すごい得点力です。先週のハノーファー戦では相手が弱かったってこともありますが、ハットトリックやっちゃったんです。

*ブースケさん*
性能のいいカメラなら(暗いところでも)きれいに撮れるのでしょうが、私のはそこらへんにあるデジカメですから、あの幻想的な雰囲気がほとんど出ませんでした。
デコレーションっていうか、地下貯水場だからそもそも装飾を施す必要がなかったのでしょう。

*NOMOさん*
<ブルーモスクは、その前を車で通るだけで一度も中に入ったことがありません>
うわぁ、もったいない。さすが企業戦士としては観光する時間も惜しんでお仕事に集中するんですね。
今度は奥様とフルムーンでどうぞ。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP