fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能だったが、一歳前後から3〜3,1kgに定着した活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。
出産・育休を機に転職。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者だった。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2023/10/20 (Fri) 07:55
お伊勢参り


こんにちわんこ。
4年ぶりに帰国チウのぐーママことpharyです。

これまでの記事はこちら ↓
機内食がイマイチでした
ホテルの部屋が狭かった件
温泉でおしゃべり三昧
昔の人は達筆だった
不死身伝説は続く?
こういうの普通ですか?  
面倒な免税手続きをパスした代償  
グルグルがバエる
田舎のニュースキャスター
合流・下品な家族と思われたかも?
大臣様と同じお風呂に
人間はこうして家族の歴史の一部になる
オレ様の気遣い
雨女の汚名返上か?
山の中なのにきれいな〇〇○
白川郷と高山で食べたもの
海女さんのパフォーマンス


ぐーママたちが故郷の町を離れて
すでに11日目です。

今は南の島に滞在して
けふは有名な観光地でグラスボートに乗って来ました。

でも、今回の一時帰国の記事は
時系列に沿って書いていっているので
今回の話は実際には10月13日のことです。


この日は1日お伊勢参りに費やしました。
お作法通りに外宮から
やはり日本人ですからね、一度はお参りしておかないと。

まずはお作法通り下宮を参拝し、
20231020063603902.jpeg
バスで内宮へ移動しました。

バスは結構な本数があって
バス乗り場には係りの人が立っていて
テキパキと指示を出してくれたので
迷うこともなく移動でき助かりました。

この立派な建物が正宮かと思いきや
この立派な建物が正宮と思いきや

実はこちらです。
階段での撮影は行けなかった
コレね、本当は

階段での撮影はご遠慮ください。

って書いてあったの。
張り紙に気が付いたのが写真撮っちゃった後で、、、。

日本一の神様の前で
悪いことしちゃったーーーー。
神様ごめんなさい。ぺこぺこ。


しかし伊勢神宮は
日本一の神社のはずなのに
あまりにも簡素すぎ。

でも、それが神道の本来の姿なのでしょうね。


参拝の後は俗世のおはらい町へ。
おはらい町は人でいっぱい
ここも高山の古い街並みと同じで人がいっぱいだでしたが、
違うのは
圧倒的に日本人が多いこと。(←高山、妻籠、馬籠は70%ぐらいが外国の方だった。特に馬籠〜妻籠間のハイキングコースはほとんどが外国の方でした。)

数あるお店の中から岡田屋(↑「うどん」と買いてある店)でお昼。
なぜこのお店にしたかというと

だんな君がラーメン、
ぐーママが伊勢うどんを食べたくて、
ここなら両方食べられたからです。(←おはらい町にラーメン屋はほとんどなかった、、、と思います)

ラーメンではなくて鶏がらスープベースの中華そばでしたが、
鶏出汁の中華そば
ラーメンと中華そばって同じもの、、、ですよねぇ。
あれ、違うのかな?

ぐーママの冷やしかやく伊勢うどん。
冷やしかやく伊勢うどん
豪快に削った鰹節がドサッ。

伊勢うどんは腰がなくてふにゃふにゃしていると
聞いていましたが、
コレはコレでアリなんじゃないかな?
メンスキーのぐーママはおいしくいただきましたよ。(←たいていのものは美味しくいただく食いしん坊)


その後おかげ横丁を散策。
おかげ横丁3

映画のセットのような建物が
おかげ横丁2

ギュッと詰まっていて面白かったです。
おかげ横丁

ねこーーーー。
おかげ横丁の猫

ここ、もっと長くいたかったのに
こういうのにあまり興味のないだんな君が

早くしないと電車の時間が、、、

って、急かすので
早々にバス停の方に向かいました、

そしてそこで無駄に15分以上も待つという、、、。

ここね、いつもモメるっていうか
ぐーママは

あと15分もある。

って思うのに
だんな君は

あと15分しかない。

って考えるんですよ。



下宮のある伊勢市駅前に戻り
帰りの電車を待つ間、
昭和の雰囲気プンプンの小さなカフェで一休み。
昭和の雰囲気が漂うカフェ
お客さんの三分の一が地元の知り合いって感じ?

ミカンはお店の女主人からの差し入れです。
みかんはマスター?からの差し入れ
なんかいいよね、こういうの。


鳥羽でも伊勢でも
道端で地図を広げたり、
スマホを覗き込んでうろうろキョロキョロしていると
必ず誰か彼かが

どこに行きたいの?
何を探しているの?

と声をかけてくれました。
昭和の良き気質をまだ持っている人が多かったです。



ところで

ぐーママ常々思っているのですが、
神道って
いわゆる宗教というものとはちょっと違いますよね。

教義がないし、

人はこう生きるべきだ!

なんてことも言わない。

人間も神様たちも自然の一部なんですよね。
コレって宗教っていうのかしら?


ぐーママは
あなたの宗教は何?
と聞かれたら
一応仏教とは答えますが
実際には
仏教より神道の方が自分的にはしっくりくるんですよね。


イエス様も、アッラーも、お釈迦様も
いろんな神様の一つって感じだし、

ぐーママ的には
神様はみんな神様。

八百万の神様も
イエス様も、
アッラーも、
お釈迦様も
みんな偉い神様なのよ。


第一、
イエス様を信じていたのに
実際死んじゃってあの世に行ったら
そこにいたのはアッラーだった、

なんて洒落にならないじゃないですかーー。



この日は鳥羽にもう一泊し
翌日は姫路に移りました。→ 余裕の姫路城



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。 → にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 一時帰国お伊勢参り伊勢神宮神道おはらい町おかげ横丁昭和の雰囲気宗教

| ホーム |

 BLOG TOP