fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能だったが、一歳前後から3〜3,1kgに定着した活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。
出産・育休を機に転職。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者だった。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2023/10/17 (Tue) 23:20
白川郷と高山で食べたもの


こんにちわんこ。
4年ぶりに帰国チウのぐーママことpharyです。

これまでの記事はこちら ↓
機内食がイマイチでした
ホテルの部屋が狭かった件
温泉でおしゃべり三昧
昔の人は達筆だった
不死身伝説は続く?
こういうの普通ですか?  
面倒な免税手続きをパスした代償  
グルグルがバエる
田舎のニュースキャスター
合流・下品な家族と思われたかも?
大臣様と同じお風呂に
人間はこうして家族の歴史の一部になる
オレ様の気遣い
雨女の汚名返上か?
山の中なのにきれいな〇〇○


ぐーママたちが故郷の町を離れて
すでに9日目です。

昨日南の島に移動して
けふはさらに近くの小さな島を見てきました。

でも、今回の一時帰国の記事は
時系列に沿って書いていっているので
今回の話は実際には10月11日のことです。


前日の夜おにいちゃんも一緒に飛騨高山に到着し
この日はバスで白川郷に行きました。

一週間前の予報では雨、
昨日の予報では曇り気温10〜18度ということだったので
しっかり下着を着込んで行ったのに、

日が照ると絶対25度以上になってたと思います。
ちょっと歩くと汗が、、、。
ちょっと歩くと汗が、、、。(←この写真↑↓を撮った時はまだちょっと肌寒かった)

白川郷にはたくさんの水路が巡っていて
白川郷はたくさんの水路が巡っていた
それがいい雰囲気を出していました。


お昼は
すったてうどん
すったて(←すりつぶした大豆を出汁で割ったスープ)坦々うどん。

おにいちゃんはすったてラーメン。
おにいちゃんはすったてラーメン

これが思いの外美味しくてびっくり。
正直

たかだかうどんなのにお値段お高めねー。

と思っていたのですが
食べてみたら納得でした。

デザート〜☺️。
デザート
だんな君は
ソフトクリームは機械の中に細菌がナンタラカンタラ、、

って、絶対食べないのですが(←そうなるとぐーママは食べにくい)
今回はおにいちゃんが付き合ってくれたので
堂々と食べられました。


帰りのバスまであと1時間あったので
白川郷を一望できる展望台までシャトルバスで行こう!
と思ったら

お昼はお休みって、、、
バス会社さーん、儲ける気ないの?

と、文句を言ってもバスが走るわけでもなし、
歩けば片道約20分といふ上り坂を
約10分で上り、

大急ぎで写真を撮ってきました。
大急ぎで写真を撮ってきました。
この時ぐーママも老体に鞭打って頑張ったわけですが、
ここでも
ともすれば遅れがちになるぐーママのテンポに合わせてくれたのは
おにいちゃん。(→ オレ様の気遣い )

だんな君は後ろも向かずにどんどん登って行きましたよ。
まったく、、、。



午後は高山を観光。

高山陣屋は
高山陣屋

古い建物に興味があるぐーママにとっては
古い建物に興味があるぐーママにとっては 思っていた以上に見甲斐がありました。
思っていた以上に見甲斐がありました。

男性専用のいわゆるアサガオって
男性専用のいわゆるアサガオって この時代からあったんですねー。
この時代からあったんですねー。(←相変わらずおトイレの写真を撮る←実はこれ以外にもたくさん撮った←妻籠でも撮った)


高山の古い街並みは
これでもかっ!
というくらいの人混み(←ほとんどが外国人)で

やっと撮れた写真がこれ。
やっと撮れた写真がこれ

歩き疲れたのでスィーツで一服。
歩き疲れたのでスィーツで一服

おにいちゃんはお抹茶も追加したのですが、
おにいちゃんはお抹茶も追加

なんかうすい。
前に飲んだのはもっとドロッとしてたぞ?

今回出たのはお薄でした。


夜は
5日前に末っ子たちが食べて美味しかったというお店で
夜は 5日前に末っ子たちが食べて美味しかったというお店で 飛騨牛を食べました。
飛騨牛を食べました。

バーナーでさっと炙って食べる牛肉のお寿司。
炙り寿司
おいしかったー。

次々と出てくるお肉。
飛騨牛
飛騨牛2
飛騨牛3

ウヘヘヘ、燃えろー燃えろー!
わざと火を燃え上がらせて遊ぶ36歳のおっさん。
わざと火を燃え上がらせて遊ぶ
35歳のおっさん(=おにいちゃん)。

子供かっ!

と思ったら
動画を見た末っ子から返信。

あはははYも同じことやったよー。

まったく二人とも誰に似たんだろ?(←だんな君は絶対こんなことしないから99%ぐーママ)

ゴハンものは最初のお寿司だけでしたが
ゴハンものは最初のお寿司だけでしたがみんなお腹いっぱいになりました

みんなお腹いっぱいになりました。
みんなお腹いっぱいになりました

デザートのコーヒーゼリー。
デザートのコーヒーゼリー
どんなにお腹がいっぱいでも
最後にちょっとだけ甘いものが入るっていいですよね。



おまけ

ちょっとお役立ち情報です。

飛騨高山から白川郷へ行くには濃飛バスを使いますが、
時刻表をみるとそのほとんどが予約制になっています。
でも予約が取れなかったからといって焦る必要はありません。

本数は少ないですが自由席のバスがあって、
それは一台が満席になると次の一台が来るというふうに後からどんどんやって来るので
乗られないということはありません。

予約制のバスも自由席のバスも料金は同じ(2023年10月の段階で片道2600円)なので
白川郷に来たはいいけどサッとみただけで満足な人は早いバスで高山に戻り(←末っ子たちは8:50のバスで行き、10:55のバスで帰ってきた)
じっくりみたければ遅いバスに乗ればいいわけで(←ぐーママたちは8:50で行き、13:15で帰ってきた)
むしろ自由席の方が時間に縛られずいいかなと思いました。



翌日は鳥羽に移動しました。→

海女さんのパフォーマンス



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。 → にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 一時帰国飛騨高山白川郷すったてうどん高山陣屋高山古い街並みスィーツ飛騨牛白川郷へのバス

2023/10/17 (Tue) 16:19
山の中なのにきれいな〇〇○


こんにちわんこ。
4年ぶりに帰国チウのぐーママことpharyです。

これまでの記事はこちら ↓
機内食がイマイチでした
ホテルの部屋が狭かった件
温泉でおしゃべり三昧
昔の人は達筆だった
不死身伝説は続く?
こういうの普通ですか?  
面倒な免税手続きをパスした代償  
グルグルがバエる
田舎のニュースキャスター
合流・下品な家族と思われたかも?
大臣様と同じお風呂に
人間はこうして家族の歴史の一部になる
オレ様の気遣い
雨女の汚名返上か?


ぐーママたちが故郷の町を離れて
すでに8日目です。


けふは南の島に移動します。


でも、今回の一時帰国の記事は
時系列に沿って書いていっているので
今回の話は実際には10月10日のことです。


朝早起きし、
ホテルの朝ごはん開始とともにかき込んで、
歯磨きもせず駅に向かい
ギリギリで電車に乗り込んで妻籠、馬籠方面へ移動。

朝早かったせいか、
お店はほとんど開いてなかったけど
代わりに
妻籠脇本陣で
妻籠脇本陣のガイドのおばさんを独り占め。
ガイドのおばさんを独り占め。

本当は公開されていない
明治天皇用の行幸用に作られた
トイレとお風呂もこっそり見せてもらっちゃった。

バスで馬籠に移動し、
馬籠から妻籠への約9kmの旧中仙道を
いざ出発。

汗だくで走破(←実際にはチンタラ歩いた←でも汗ダラダラ)
中山道
ここは平らですが、

馬込から馬籠峠まではきっつい上り坂が続きます。

この日は雨模様との予報だったのですが、
実際には降ったのは、
馬籠峠で
汗だくになってやっと峠に到着

名物五平餅を食べながら
五平餅はお約束

休憩していた時だけで
馬籠峠の茶屋で一休み
この時も
ザーッて感じで本降りだったのに
ぐーママたちが食べ終わって
傘を出して出発しようとしたら晴れるという奇跡。

後は曇り時々晴れという天気でした。

この日のために撥水効果が高いといふ靴まで買ったのに、、、。
撥水効果の高い靴を買った
ぐーママ=雨女説は取り消し?

峠を過ぎたらあとは下りが続きます。
急な場所が結構ある
こんな道を昔の人は歩いて旅をしたんですねー。
飛脚の人なんか走ったわけでしょ?
大変だったろうなー。

ビックリだったのは
こんな山の中なのに
要所要所にトイレがあって
こんな森、山の道のあちこちにきれいなトイレがあった
その全てがとってもきれいで
トイレットペーパーもちゃんと備え付けてあって
ウォシュレットまで装備されていたことです。

それなのに外見がトイレトイレしていなくて
ちゃんと自然の中に溶け込んだ存在になっていました。

山の中のおトイレなんて
トイレットペーパーなんか期待もできず、
蜘蛛の巣や虫の死骸がいっぱいでー

っていうイメージが、
見事に覆されました。

きっと地元の方たちが
定期的にお掃除、管理してくれているんでしょうね。

さすがおトイレ天国ジャパーン。

あちこちで野良Pょんしなければならない (→ 往復で4回も すでにベテラン )おドイツとは大違いです。

まぁ、おドイツの場合、
自然にはなるべく手をつけず自然のままで
という考え方かのことなんですけど。


約2時間半で妻籠に到着。
こういうのに赤い布を敷いてさ

まだ見ていなかった本陣を見学した後
妻籠に到着

バスの時間までまたおやつ。
みたらし団子だけでは足りず
みたらし団子だけでは足りなくて

お焼きも
野沢菜のお焼き

食べる。
お焼きも食べる

その後名古屋経由で高山に向かったのですが、

乗り換え時に夕食を食べようと思っていたのに
電車が鹿🦌とぶつかったために30分ほど遅れ、(←さすが木曽路はすべて山の中である)
時間が足りなくなってしまいました。

高山に着くのが夜9時近くになるので
それからチェックイン後レストランを探すには大変かな?
と思ったので
電車が遅れたために夕食は駅弁
夕食は駅弁となりました。



おまけ

峠の茶屋でおにいちゃんが

おかーさん、ところてんってなんだね?

と訊くので
百聞は一見にしかずで注文。
初めてのところてん
ぐーママが小さい時は
酢、醤油、砂糖で食べたのですが
ここのは
酢、醤油、出汁、すりゴマでした。



おまけ 2

昼近くになって妻籠も馬籠も観光客でいっぱいになりましたが、
その半分以上が外国人なのにはびっくり。

それより何より
妻籠〜馬籠間の旧中山道を歩いている人のほとんどが外国人でした。

たまに会う日本人は、
コースの1部だけを歩いてみたという人が多かったです。

詳しい事はよく分かりませんが

「侍街道」とかなんとか言う名前で
外国でちょっと話題になっているみたいです。



翌日は→おにいちゃんも一緒に白川郷と高山観光 をしました。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。 → にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ


関連記事

テーマ : 国内旅行 - ジャンル : 旅行

タグ : 一時帰国妻籠馬籠旧中山道おトイレ五平餅馬籠峠妻籠脇本陣ところてんみたらし団子

| ホーム |

 BLOG TOP