FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2021/01/05 (Tue) 09:12
おかえりなさい



こんにちわんこ。
ただいまー、
ただいまー
のエンジェルタルです。



タルちゃん、やっと家に帰ってきました。
タルの遺灰入れ ③

おかえりー。

お空に行った翌日に
火葬業者さんに連れて行き、→最期の日々 ⑤ 12月17日 お別れ

クリスマスが入るから
遺灰の受け取りは12月29日に。

と言われていたのに、
29日に何時に行ったらいいか問い合わせしたら、

火葬が遅れていくのでもう少し待ってください。
こちらから連絡します。

と言っていたのに、
その後音沙汰がなく
年を越してしまいました。

タルちゃん、いったいどうなっちゃったのかしら?

と、心配していたところ、
きのふの日曜日に電話があって

明日8時半に来てください。

え、ちょっと遠いのでもう少し遅くなりませんか?(←アウクスブルグ近くの業者さんだった)
10時ごろだと都合がいいのですが。

では10時に。

といふやり取りがあって
けふ10時ぴったりに迎えに行きました。

Urne(ウルネ=遺灰壺)は
タルの遺灰入れ ②
タルルンに一番似合う色=です。(←首輪もずっと赤だった)

ロックダウンで花屋さんが開いていなかったので
このバラの花はスーパーで買いました。



どうしてこんなに時間がかかったかといふと、

この業者さんが実際に火葬するのではなく、
ペットの遺体を火葬するところに運び遺灰を受け取ってくる、
いわば仲介をしているわけで

何体かの遺体が集まったらまとめて
火葬場に持っていくらしいです。

タルルンのように小さい遺体は飼い主が連れてくるのですが、
大型犬や馬ちゃん、
あるいは飼い主が高齢だったり、
何らかの事情で自分では連れてこられない場合は
受け取りに出向いてもくれるそうです。

で、その肝心かなめの火葬場の人が

クリスマスからずっとUrlaub(ウアラウプ=休暇)だったんですよ。


それならそうとあらかじめわかっていそうなものなのに、、、。

でも、この仲介業者さんも気が気ではなかったらしく、
きのふ、日曜日だといふのに電話をくれたといふわけです。(←おドイツ人が日曜日に仕事をするなど普通あり得ない)


そんなわけで
今日は遺灰の受け取りが立て込んでいるらしく、
最初に持ってこられたのは

遺灰の間違い


別のわんちゃんのものでした。

うちはタルなんて
おドイツじゃちょっとあり得ない名前だから
すぐに間違えに気が付きましたけど、

これがあなた、
Belloとかフィロとかテオとかエイミーとかライラとか(←全部ご近所さんのわんこの名前)

おドイツによくある名前で
偶然同じ遺灰壺を選んでいたら、、、、(←数十種類の中から選べる)

よそのわんちゃんの遺灰を持ち帰ってしまう所ですよ。


何はともあれ、

タルちゃんは無事に帰ってきました。
タルの遺灰入れ ①
この敷物は30年ぐらい前のぐーママがクロスステッチしたもの。

もうずっと一緒だよ。



おまけ

遺灰って灰って言うくらいですから
さらさらの粉か砂みたいなのだと思っていたのですが、

容器に入っていたのは
骨を粉々に砕いたようなとがった粒々

たとえて言うなら
死んで白くなった珊瑚の小さなかけらのようなものでした。



おまけ 2

遺灰入れは自分で用意してもいいそうで、

中にはマヨネーズとかピクルスの瓶を持ってくる人もいるし
ただビニールの袋を持ってくる人もいるということです。

キリスト教的には
遺体や遺灰はすでにその魂が宿るものではない(=ただの物体)と考えるらしいですけど

それにしてもマヨネーズの瓶って、、、、ねぇ。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 異国でわんこ - ジャンル : ペット

タグ : 火葬業者 遺灰 遺灰壺 ドイツじゃちょっとあり得ない名前 よそのわんちゃんの遺灰を持ち帰ってしまう ずっと一緒 遺体や遺灰はすでにその魂が宿るものではない マヨネーズの瓶

| ホーム |

 BLOG TOP