FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/11/13 (Fri) 09:06
朗読の勧め



こんにちわんこ。
ママリンの泥沼での黙々は
ママリンの泥沼での黙々は けふも続いたんだよ
けふも続いたんだよ、のタルです。



泥沼?黙々?といふ方、こちらをクリック ↓ 
泥沼に自ら足を
泥沼の途チウ経過



一人で作業するのは寂しいので

一日目の一昨日は
Youtupe で若いころに好きだった歌(←松任谷由実とか松山千春とかさだまさしとか、、、、、とか、、、、とか)を流して歌いながら、

きのふは
映画を流してチラチラ見ながら、

そしてけふは
手元に集中したかったので
NHKラジオ文芸館の朗読を聞きながら。
NHKラジオ文芸館の朗読を聞きなが

この朗読が思った以上に良くて、
小説ならば映画を見るより
原作の朗読を聞く方がずっと面白いことを発見しました。


初め浅田次郎の短編をいくつか聞いたのですが、

浅田次郎の短編って、
大抵
最後涙(と鼻水)が出てくるので
それを拭くため、
作業が滞りがちになってしまうのが玉に瑕。(←へぇ、この場合のキズってこう書くんだ!)


小説ではないのですが、
ぐーママ的にすごく面白かったのが

イザベラバードの日本紀行。
イザベラバードの日本紀行。
明治初めの日本と日本人をすごくリスペクトしてくれて(←ネガティブな面も書いているけど、いいことの方が圧倒的に多い)
嬉しかったのと同時に

当時の日本人は
本当に純粋で親切、金銭的にガツガツしていなかったのだなぁと感心しました。

僕たちが忘れかけた、
そして忘れてしまうにはもったいない
豊かで美しいこの国の姿がそこにはあります。


もちろん、みんながみんなそうではなかったのでせうが、
少なくとも、彼女が旅先で出会った普通の日本人は大抵がそうで、
多分、当時はそういう人の方が多かったのだと思います。 

今の日本はどうでせうね? 



おまけ

大きなモチーフは7個完成しました。
大きなモチーフは7個完成しました。
あと大きなモチーフが二つ(=小さなモチーフが12個=基本のパターンが60個)と
小さなモチーフが一つが必要です。(←大きなモチーフの8個目はこれで完成)

そのための基礎のパターンは
写真に写っているほかにあと35個必要。

そのために
まず35枚の紙を切らなくてはいけません。(←それが何気に大変な仕事

頑張れ、自分!



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : とりあえず書いとこ ~ф(゜゜) - ジャンル : 日記

タグ : 泥沼 黙々 Youtube 若いころ好きだった歌 映画 NHKラジオ文芸館の朗読 浅田次郎 イザベラ・バードの日本紀行 明治初めの日本と日本人をすごくリスペクト

| ホーム |

 BLOG TOP