FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。


だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/11/03 (Tue) 07:37
咲かぬなら、咲くまで待とう


こんにちわんこ。
ママリンがビックリ
ママリンがビックリ そして大喜びなんだよ
そして大喜びなんだよ、のタルです。



ぐー家には
咲かずのシャコバサボテンといふものがありまし

「た。」

そう、過去形なのです。

なぜなら、
この咲かずのシャコバちゃんは

買って以来25年以上も咲かなかったのに
突然 ↓
2019年5月→いらん子扱いだったのに
2019年11月→今年二度目の開花・いったい何が?
2020年2月→ちょっとした虐待扱いだったのに
2020年5月→2020年5月 庭仕事・続き

と、連続して咲いたからです。
そして今、また蕾をつけています。

もう咲かずではありません。


ところでぐー家にはまだたくさん
長年花をつけない咲かずの鉢植えがあるのですが、(←買った時にはきれいに咲いていたのに、その後咲かない)

そのうちの一つ、
大きなシャコバサボテンが

見てください!
大きなシャコバサボテンが 見てください!
この大きなシャコバサボテンは
いつ、どうやって手に入れたか、どんな色だったかも忘れていたのに、
葉っぱだけはどんどん茂らせていたのが
初めて花をつけたんです。

しかもこんなに蕾が、、、、。
しかもこんなに蕾が、、、、。
肥料の種類を替えたからかしら?

上から見るとこんな感じ。
上から見たシャコバサボテン


なんにしても嬉しいです。


そしてもう一つ

完全に死んだと思っていたカニサボテンが

復活しましたー!
完全に死んだと思っていたカニサボテンが 復活しましたー!

このカニサボテンはね、
シャコバちゃんより古いのよ。
このカニサボテンはね、 シャコバちゃんより古いのよ。
この家に引っ越してくる前からあったから
もうたぶん30年位古い?

ハダニが付いたり
根ぐされを起こしたり
もう何度も死にかけて
その都度奇跡的に生き返ったけれど
花だけは咲かなかったのね。

これも、もうだめだと思っのだけれど
悪くなった葉っぱを全部ちぎった後に残った古ーい株
っていうか根元の方を
惰性?で新しい土に突っ込んでおいたのです。
それが、

たった一つとはいえ花を咲かせるなんて、、、、。
たった一つとはいえ花を咲かせるなんて、、、、。
しつこく粘った甲斐がありました。

オカーサンはうれしいっ!

いっそ枯れてくれたら捨てられるのに、、、とか言ってたくせに。
いっそ枯れてくれたら捨てられるのに、、、とか言ってたくせに。

いーじゃない、
それでも見捨てないでいたんだから。

家にあるあと二つのカニサボテンの鉢は
すべてこの株から増やしたものです。

こっちも咲くといいなー。



おまけ

あとどうしても花が咲かないのはカランコエです。

去年Mちゃんが母の日にくれた寄せ植えのカランコエ→2019年母の日がもっさりしたので
今年の春先に切戻して差し芽にしたものと合わせて3鉢、

葉っぱだけはどんどん茂って生き生きしているのに
花芽が付きません。

親木の方はまたもっさりして見た目が悪くなってきました。

でも、ま、
まだ一年だし。

シャコバちゃんやカニサボテンちゃんのこともありますから
気長に待とうと思います。

あ、これまた25年後なんて言ったら、ぐーまま、もうこの世にいないかもー?( ;∀;)


問題は置き場所だわ。

切戻したりしたものをすぐ差し芽にするから、
どんどん鉢が増えるのです。(←葉っぱ一枚でも、もしかしたら増えるかも?と思ふと捨てられない性格)


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : お花達 花を楽しむ - ジャンル : ライフ

タグ : シャコバサボテン カニサボテン カランコエ 咲かずの鉢植え 完全に死んだと思っていたのに復活 葉っぱだけはどんどん茂る 気長に待とう

| ホーム |

 BLOG TOP