FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!

      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/10/11 (Sun) 07:26
ついに宣言されちゃったけど


こんにちわんこ。
又獣医さんに
又獣医さんに 連れていかれた
連れていかれたー、のタルです。




10月2日の夕食後
立てなくなったタルちゃん。(→ゴハンは残さず食べませう

その後も時々腰に力が入らなくなりました。

ただ立っているだけなのに、
よろめいたりとか。

ぶるぶるするとコケるとか、、、。


そして
10月6日の朝のことです。

この日も
薬入りの朝ゴハンを残してしまったタルルン。

薬が入っていると学習してしまったので
バナナ(に仕込んだ薬)も食べません。


困ったねー、
どうしたらいいもんだろうか?

アメリカの洋子さんが教えてくれた
薬を挟むようになっているおやつを買おうか?

と、だんな君とぐーママことpharyがゴハンを食べながら相談している間、
ちょっと目を離したら、

植木鉢の間に挟まって
隅っこに挟まって動けなくなっていました。
固まっていました。

ちょっと待って、こういうのって
ちょっと待って、こういうのって 確か認知用わんこの症状の一つじゃなかった?
確か認知症わんこの症状の一つじゃなかった?


だんな君、獣医さんの予約とってっ!

タルルンの脚のよれよれのこともあるし、
蚤ちゃんが本当にいなくなったかも診てもらわなくちゃいけないからっ!


幸いその日の
獣医さんの予約とって!
お昼の予約が取れました。

おやつを目の前にやっても
おやつを目の前にやっても 匂いを嗅ごうともしないくらい緊張しているタルルン。
匂いを嗅ごうともしないくらい緊張しているタルルン。

ここに来ると、
タルルンにとってロクなことがないものねぇ。


ボク、また背中にお注射二本されちゃったんだよー。
10月に入ってからのタルルンのヨレヨレぶりを見て ↑は、いつか言われると思っていました。

椎間板ヘルニアと股関節の炎症止めのお注射は痛かったのか
椎間板ヘルニアと股関節の炎症止めのお注射は痛いのか 二回ともギャンと泣きました。
二回ともギャンと泣きました。

今までのよりも強い痛み止めと抗炎症剤、
新しい痛み止めと抗炎症剤、 それに薬を飲ませるための特別なおやつ?ももらいました。
それに薬を飲ませるための特別なおやつ?ももらいました。


隅っこで固まっていたのは
やっぱり典型的な認知症の行動なのだそうです。(←障害物に当たるとバックできない)

こんなに可愛いのに
こんなに可愛いのに認知症だなんて。
認知症だなんて、、、、。


それよりなにより
ショックだったのは

排泄のコントロールが利かないくらいひどくなった時は
安楽●も選択肢の一つに入れたほうがいいですよ。

と言われてしまったことです。

ガーーーーン!


以前にも書きましたが、
おドイツというか欧米と日本ではペットに対する考え方が根本的に違うので(→ペットを安らかに眠らせるのは飼い主の義務?

10月に入ってからのタルルンのヨレヨレぶりを見て
↑は、いつか言われると思ってはいました。

いましたがっ

実際に言われると
本当に本当にショックです。


実はこれまでも何回か失敗はしていたのです。

外に出そうと思って玄関まで連れてきたのに、
鍵を開けるのに手間取っているうちに
うんPが出ちゃったとか。

朝起きてみたら、
ベッドのわきに大きな水たまりおPっこたまりができていたとか。

でも、
タルルンもブツも小さいから、
片付けるのはそんなに手間ではないし、
失敗する前に気を付けて外に連れて行けばちゃんとしてくれるので、

だんな君と二人で
これまで以上に気を付けてあげることにしました。

まだ昼夜の逆転もしていないし、
まだしばらく大丈夫。

もう少し一緒の生活を楽しみたいです。


だんな君が、ぐーママと同じ考え(=簡単に安楽●はさせない)でよかったです。

新しい薬を服用すると
たくさん水を飲むようになる(=おPっこの量が増える)ということなので

とりあえず、
寝るときにマナーパンツに仕込むナプキンは
今までのちびり対策のオリモノシートから
💧マーク4つのものに替えました。


そしてその後のタルルンですが、

注射のおかげか
はたまた新しい薬のおかげか
少し調子がよくなり、(←歩く時はまだ時々ヨロけるけど)

昔のタルルンに戻ったみたいです。

隙間に挟まって動けないということは
あれ以来一度もありません。


何がうれしいって

触っても怒らないことが多くなったのが
すごくすごく嬉しいです。(←痛みがうすれた?)

なのでそばを通るたびに

撫でまわしています。(←そして調子に乗りすぎてガウられる



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 異国でわんこ - ジャンル : ペット

タグ : 腰に力が入らない 間に挟まって固まる 獣医さん 椎間板ヘルニアと股関節の炎症止めのお注射 強い痛み止めと抗炎症剤 薬を飲ませるための特別なおやつ 典型的な認知症の行動 安楽●も選択肢の一つに入れたほうがいい 欧米と日本ではペットに対する考え方が根本的に違う

| ホーム |

 BLOG TOP