FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/05/31 (Sun) 05:18
もちもちふわふわ食パン



こんにちわんこ。
今回もママリンが
今回もママリンが 入院する前のことなんだよ
入院する前のことなんだよ、のタルです。



入院?といふ方こちらをクリック→飼い犬に手を噛まれて手術


イーストが店頭から消えて久しい5月1日、
おねえちゃんが買い物をしてくれた際に
スーパーに一つだけ残っていたという生イーストを買ってきてくれたので(←おねえちゃんは、ぐーママたちが年だからコロナ感染したら危ないと、うちに来るたびに買い物をしてきてくれます)

ネットで見つけたもちもちふわふわ食パンを作ってみました。


分量がちょっと???で、
食パン型・パウンド型に入れて
更に余った生地を丸型にして二次発酵させたのですが、

思ったような高さが出ないなー。
高さが出ないなー。
失敗とまではいかなくても

でも成功とも言えない予感、、、、


でも焼き上がりは悪くなかったです。
焼き上がりは悪くなかったです。

お家用のパンには照り用卵液は塗らないのがぐー家流。
お家用のパンには照り用卵液は塗らないのがぐー家流。
だってめんどくさいんだもの。

次回から丸パンはやめて
パウンド型の方に塊を3つにして焼いた方が
次回からパウンド型の方には塊を3つにして焼いた方が 高さが出ていいかも?
高さが出ていいかも?

あるいは半分の量にして食パン型だけで焼くとか?

あー、でもいっぱい食べたいから、
この分量のままでいいかなー?


焼き上がり早々、
丸く焼いたのを
早速丸く焼いたのを一個そのまま食べてみたら、
一個何もつけずに食べてみたら、

イヤン、ナニコレー?

今まで作っていたリッチ食パンもおいしいけれど
こっちの方がよりフワッフワで美味しー。

生クリームが入ってないから
生クリームが入ってないから カロリーも少なめのはずだし。
カロリーも少なめのはずだし。


サイトの動画にあったように
ギューっと潰しても
ギューっと潰しても

速攻復活
速攻復活
こんなに弾力があるなんて
素敵すぎる~。

翌日は
朝から厚焼きトーストを二枚も食べてしまってお腹がいっぱい。(←速攻食べちゃったので写真なし)
でも、口はまだ食べたい。(←いやしんぼ)

ヤヴァイ、太っちゃう!

何をいまさら、、、。
何をいまさら?


パウンド型で焼いた小さい方は
泊まりに来ていた末っ子に持たせてやりました。

これから食パン🍞はこれ一択に決定です!(๑>◡<๑)



おまけ

ぐーママがこのパンを焼いた5月初めは、
あちこちのブロガーさんがもちもちふわふわ食パンを焼いていました。

多分、皆さん同じサイト、
あるいはそのサイトを見て食パンを焼いた方のブログを見ていたと思われます。
こうやって食文化って広がっていくのねー。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 手作りパン - ジャンル : グルメ

タグ : もちもちふわふわ食パン 生イースト ネットで見つけた 家用のパンには照り用卵液は塗らない よりフワッフワ ギューっと潰しても 速攻復活 弾力がある 厚焼きトースト 食文化の広がりかた

| ホーム |

 BLOG TOP