FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/05/09 (Sat) 21:53
眠りたい


こんにちわんこ。
絶賛入院チウのぐーママことpharyです。

今朝、
病院のネットに接続できたので
iPadから更新してます。

文字盤が大きいだけで
オバさんは嬉しい。♪(๑ᴖ◡ᴖ๑)♪



昨夜はトロトロっとした時に、
酔って転んで頭を打ったという方が入室で
電気がついたり
ベッドが搬入されたり
看護師さんからの各種説明があったりで
寝損ないました。

その後は
その方のいびきがすごくて寝られなく、
やっと眠くなったところで麻酔が切れ、
指先に激痛!(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」(」゚ロ゚)」オオオオオッッッ

痛み止めを飲んだのが3:05。

それでも痛みがすぐなくなるわけでもなく、
やっと眠りかけたところに

朝の検温のために看護婦さん登場。
6:30って早いよ〜。・゚・(つД`)・゚・

またうとうとしてたら
今度は点滴。

次が回診。

仕方がないので、
ヒンソすぎる朝ごはんを食べ、
ヒンソな朝ゴハン

o(`ω´ )o今度こそ寝るぞっ!

と思ったら、
隣人に先を越されました。○| ̄|_
隣人の寝姿
もちろん凄いイビキ付き〜。( ;∀;)

ということでこれを書いています。


そして翌目入院3日目 一部閲覧注意

***************************************

こちらの記事、皆さんぜひ読んでください。↓

コロナ注意事項

みんなに見てもらいたいコロナ関係のサイト

何故ソーシャルディスタンスや隔離が必要なのか

大事なことです。
できたらお友達にも紹介してください。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

タグ : 入院 麻酔が切れた 激痛 痛み止め 検温 点滴 回診 ヒンソすぎる朝ゴハン イビキ

2020/05/09 (Sat) 05:29
あれよあれよという間にオペ

こんにちわんこ。
初めてスマホから投稿のぐーママことpharyです。

不慣れなため
さっき書き上げた記事を
うっかり全部消去してしまいました。
シクシク。

でも時間だけはたっぷりあるので
再度挑戦。



ほんの小さな傷だと思っていたのに

現在郡立病院のベッドの上にいるぐーママことpharyです。
術後の右腕


10時に診察。

痛みも腫れもひかない状態を見た先生は
即手術決定。

必要書類の記入、
麻酔医との面談、
各種検査を経て
11時半には病室に入りました。

12時15分に手術準備室に入り
部分麻酔。

12時50分手術室に移動。

13時15分手術開始。

13時45分手術終了。

まさかこんなことになるとは
思ってもいませんでした。

ちょっとチェックに行ったつもりが緊急手術です。

とにかく
診断後からの展開が速すぎて、
これは現実?

という気持ちでした。

しかも
手術なんて言っても
指の腫れた所を切開して
膿を出すだけだから、

いつもの診察室でチャチャっとやるのだと思ったら、
本格的な手術でビックリ。


即手術と聞いたときに

いちど家に帰って
必要なものを持ってきたい。

と言ったのですが、

処置が遅れると
右腕一本なくすかもしれませんよ。

と言われ
びびってしまいました。


午後になって
仕事の終わった末っ子が

洗面用具やらパジャマやらスリッパやら
必要なものをバックに入れて持ってきてくれましたが、

バイエルン州は
病院へのお見舞い面接は明日から許可されることになるので(←14:00〜16:00 1人だけ30分まで)

受付に預けて帰っていきました。


一人暮らしの人で
こういうものを持ってきてくれるような近しい人がいない人はどうするのでしょう?

幸いおドイツは医療崩壊が起きてなかったので
こんな時でも安心して入院ができたのです。


ちなみに
今日の夕食。
5月8日夕食

朝から飲まず食わずだったので
涙が出るほど美味しかったです。

この梨🍐、洗ってあるのかなぁ?
52A3F382-639E-4C78-830B-2A971C7C4A00.jpeg



あれ、写真が入らない。
どうして?(↑後日、退院してから入れました)



おまけ

スマホからの入力って
画面が小さくて老眼には辛いし
キーボードも小さくて小さいから
打ち間違ってばかり。

しかも
左手しか使えないから
機体をうまく固定できなくて
操作が大変。


おまけ 2

今心配なのは
麻酔をかけてから既に11時間が過ぎているのに
いまだに腕に感覚が戻らないことです。

麻酔が切れたら
相当痛いでしょうから
切れてほしくない気持ちと
あまりにも麻酔が切れないので
心配な気持ちが混ざり合っています。

しかも
麻酔が効いていて何も感じないはずなのに
右手が冷たく重くだるいのです。
指先に触ってみるとすごく暖かいのに?

例えて言うならば
腕を前に出し、
肘からずっと垂直に上に曲げていて血が下がったって感じ。



***************************************

こちらの記事、皆さんぜひ読んでください。↓

コロナ注意事項

みんなに見てもらいたいコロナ関係のサイト

何故ソーシャルディスタンスや隔離が必要なのか

大事なことです。
できたらお友達にも紹介してください。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

| ホーム |

 BLOG TOP