FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/02/10 (Mon) 09:30
芸術鑑賞しながらこんなことを考えていました


こんにちわんこ。
ママリンもたまには
ママリンもたまには 芸術鑑賞をするんだよ
芸術鑑賞をするんだよ、のタルです。



昨日はミュンヘンまでお出かけして
ヤウレンスキーとヴェレフキンの展示会を見てきました。
ヤウレンスキーとヴェレフキンの展示会

今回は日本人のガイドさんが懇切丁寧に説明してくれたので、
大変わかりやすく、また興味深く見ることが出来ました。

素人のぐーママことpharyには
技術的なことや表現方法などは皆目わからないのですが、

絵が描かれた当時の画家の生活状況、人間関係などと照らし合わせて見ると、
説明なしでは一瞬見ただけでスッと通り過ぎてしまうような絵も、
なかなか味わい深く見ることができます。

今回の展示会は
ヤウレンスキーとヴェレフキンの密接で複雑な関係、
二人を取り巻く人々の作品も含めたもので、

ガイドの方も
人間関係の方により焦点を当てて説明してくださいました。

例えば

二人はそういう関係にあったのか?
それとも単なる子弟+パトロン関係だったのか?

この右側の絵の赤い服のモデル、
ダンサーのアレクサンドル・ザハロフ
ダンサーのアレクサンドル・ザハロフ(←男だったのね、びっくり)との関係も
単なる画家とモデルのものとは違った、
もっと親友的な、あるいは家族的なものだったような?


しかし、
ムルナウのミュンターハウスを訪れたとき(→湖上の戦い)も思ったのですが、
改めてここに書きます。

カンディンスキーって

男としてはクズ・サイテー!(←ガブリエレ・ミュンターかわいそー!←詳しくはご自分で調べてね)


ヤウレンスキーもどっこいどっこいですけど、
(↑17歳の小間使いに子供を産ませ、しかもロシアに送って秘密裏に出産させ、その子は甥として育てた=自分の子ということは隠していた=私生児扱いとか、)
少なくとも彼はかなり後になってからですが、
そのへレーネちゃんと結婚していますからね。


芸術作品の鑑賞に行ったはずなのに
下世話な話題のほうに心が動いちゃったぐーママです。

でも、
そういうゴシップ的なお話が好きなのは
ぐーママだけではないはず。



おまけ

今回の展示会でぐーママが一番心ひかれた作品は
ヤウレンスキーのものでもヴェレフキンのものでもない
↑のダンサー、アレクサンドル・ザハロフが作った
歌劇トゥーランドットの舞台のミニチュアモデル3点です。(←彼は舞台芸術家としても活躍したそうです)

布や毛糸、飾りひもなどを使って細密に作られたそれらは
色合いも構図もすごく素敵で
もしできるならば買って家に飾りたいくらいでした。(←ネットで探してみたのですが、写真とか見つけられませんでした)

これからこの展示会に行かれる方、
ぜひ見てくださいね。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 絵画・美術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 展示会 レンバッハハウス ヤウレンスキー ヴェレフキン カンデンスキー アレクサンドル・ザハロフ ガブリエレ・ミュンター 下世話な話題

2020/02/10 (Mon) 07:12
天王山は引き分け


こんにちわんこ。
ママリンはちょっとがっかり、でも半面
ママリンはちょっとがっかり、 でもほっとしてもいるんだよ
ホッとしてもいるんだよ、のタルです。



サッカー、ブンデスリーグ、
我がFCバイエルンのけふの試合は

生意気な成り上がり者、
現在一ポイント差で二位につけているRB ライプツィヒとの天王山でした。


ここで勝てば4ポイントリードとなり、
今後がかなり楽になります。

でも、万が一負けちゃったら、、、、

だから、
0-0の引き分けだったのには

勝てなくて悔しい半面、

負けなくてよかった!

という、
安堵の気持ちにもなったのでした。


きのふ三位につけているドルが
まさかの逆転負けをして
ポイントが39で足踏み状態。

あーあ、ここで勝っていればなぁ。


ま、とにもかくにも
首位の座は守ったので良しとしませう。

次節は対ケルン。
多分大丈夫とは思いますが、
何しろこの後は絶対に取りこぼしは許されないのです。

頑張れバイエルン!


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 欧州サッカー全般 - ジャンル : スポーツ

タグ : サッカー ブンデスリーグ FCバイエルン RBライプツィヒ 天王山 引き分け 首位の座は守った 取りこぼしは許されない

| ホーム |

 BLOG TOP