FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2020/02/05 (Wed) 08:26
かの国では普通らしいけど、、、、



こんにちわんこ。
おひげ
おひげピロロロロン
ピロロロロン、のタルです。


おやつかなにかが毛にくっついて固まっちゃったみたいです。
こうなると取るのが大変なんですよね。

無理に引っ張ると痛がってタルルンが怒るし(←ひどい時は噛もうとする)、
下手すると毛がごっそり抜けちゃうし、、、。



けふもきのふっていうか一昨日の
おまけの記事みたいな話です。

かなり気持ち悪いことが書かれていますので、
そういうのが苦手な方は読まない方がいいです。

どうしても読む!

といふ方は自己責任の元にお願いします。

でも、こちらだけは ↓
タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


もうひとつ、
この記事の内容を読んで

ヘイト?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
そういうつもりはありません。
あくまで事実を書いています。

お国柄が違うっていう話です。



空港で働いている友達から聞いた話です。

彼女の仕事の一つに
搭乗時のパスポートチェックがあるのですが、

多分、
大陸の某国の方たちは
いわゆるパーソナルスペース
日本人やおドイツ人のそれより
かなり小さいのね。

だから本人にとってはそれが普通なんでしょうけど
パスポートをチェックするときに

どうしてこんなに寄ってくるの?
もっと離れてよー!

っていうくらい近くに立つのよ。

こんな時期だから
特に気になるのに、、、、。

毎日そういう方500人近くのパスポートチェックしていたのよ、
ずーっとマスクも手袋もなしで。(関連記事→プロフェショナルじゃない?

だから、私、もうアレに感染している確率すごく高いと思う。


そういうわけで、
彼女とランチするのは2月の中旬以降ということにしました。(=潜伏期が過ぎてから)




そして彼女から聞いた某国人についての衝撃の事実!


大陸の某国の方たちって
特に年配の方に多いんだけど

ゴミ箱にね

痰や唾を直接吐き出すのよ。(←間違って読んでしまふ人がいるかもしれないので小さく書いてみました。読みにくかったらマウスでマーキングして色を反転させてください)


えーーーーっ、ティッシュに吐き出して
それを捨てるんじゃなくて?


直接、、、。
もう、見てても気持ち悪いし、
万が一キャリアだったら
そこにばい菌をまき散らしているわけでしょ?


あちらのお国には痰壺というものがあるわけで(←調べたら昔は日本にもあったそうです)
それのつもりで吐き出すのでしょうか?

まぁ、床にペッてされるよりはずっとましですが、

大陸の某国行きのゲートがあるターミナルの
ゴミ箱には近付きたくない

と思ったぐーママことpharyなのでした。


気持ち悪い話ですみません。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 中国 - ジャンル : 海外情報

タグ : かなり気持ち悪い 自己責任 パスポートチェッ パーソナルスペース ゴミ箱 痰壺

| ホーム |

 BLOG TOP