FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2019/10/19 (Sat) 08:00
今年は潔くしました



こんにちわんこ。
ママリンは又
ママリンは又 腰が痛いんだよ
腰が痛いんだよ、のタルです。
 これは夏に撮った写真です。現在のおドイツは落葉真っ盛り。日ッチウは結構暖かいのですが、朝の気温は2度近くまで下がっています。


腰が痛いのは庭仕事をしたからです。
天気が良かったので冬支度です。

毎年10月になると庭の冬支度をしなくてはと思いつつ、
まだ盛んに咲いている花を切ってしまうのがかわいそうで
ぐずぐずしているうちに

おドイツの秋特有の冷たい雨模様の天気になってしまい、
庭仕事ができなくなるという失敗を繰り返していたので(たとえば去年の今頃はこう→今年も優柔不断、そしてまた季節外れ、11月も中旬になってやっとこの状態→」最後の庭仕事、、、と思ったのに

今回はあのオバ様を見習って
天気がいいうちに行動しました。(あのオバ様ってこのオバ様です→見習いたい潔さ


初日の一昨日は主に西側の花壇と鉢物の切り戻しました。
初日の一昨日は主に西側の花壇と鉢物の切り戻し
まだきれいにたくさん咲いていたフロックスやシオン、ゼラニウム、ペチュニア、カンナなどを
情け容赦なくバッサバッサと切っていきました。

と言いたいところですが、

未練がましく、切り戻しをしないで屋内に入れたゼラニウム。
未練がましく、切り戻しをしないで屋内に入れたゼラニウム。
こんなにかわいく咲いているんですもの
切れませんよねぇ。(←ほかのゼラニウムは根元まで切り戻したくせに)

ペチュニアも一鉢だけそのまま室内へ。
ペチュニアも一鉢だけそのまま室内へ。
このペチュニアは7月ごろに切り戻した先っちょを刺しておいたら
根が出て花が咲いたのです。

ペチュニアは一年草だと思っていたのですが、
元気な株は冬越しできるとネットで読んだので、
ペチュニアは一年草だと思っていたのですが
ダメ元で試してみます。

プランターには、これまた未練がましく
切り戻したベゴニアとペチュニアの先っちょを刺してみました。
プランターには、これまた未練がましく 切り戻したベゴニアとペチュニアの先っちょを刺してみました
この時期だから根が出るのはあまり期待できないのですが、
貧乏性のなせる技です。(=捨てられない)

ダメだったらその時点でコンポスト行きにすればいいわけですからね。

今までの経験からすると
ベゴニアの場合、
運が良ければ五本に一本ぐらいは生き延びるはず。
ペチュニアはまさに実験です。

来年の春にこれらの刺し芽についての報告がなかった場合、
あぁ、ダメだったんだなと察してください。


二日目のけふは東側の花壇と
二日目のけふは東側の花壇と

灯篭を置いていあるところをきれいにしました。
灯篭を置いていあるところをきれいにしました。
楓の下のギボウシは、
あまりに増えすぎたので半分以上の株を処分しました。(←根っこの掘り起こしが大変だった)
その分花の大きくてきれいなキスゲが増えて欲しいです。

実は
ギボウシは花が地味なので特に好きというわけではありません。
でも、ご近所さんにいただいたので(←当時はどんな花か知らなかった)
全部を抜いてしまうというわけにもいかないし、、、。

ネリネは来年はもっと大きくて重い鉢に植え替えないとひっくり返りそうですね。
この子も花が終わったら
小屋か地下室に移動させなければなりません。

ゼラニウム、ベゴニア、カンナ、エンジェルトランペットは
ベゴニア、カンナ、エンジェルトランペットは 今年建てた庭小屋で初めて冬越しさせてみます。
今年建てた庭小屋で初めての冬越しです。

この庭小屋作りの様子 ↓
庭小屋・準備編
庭小屋・建設偏
庭小屋・塗料塗り偏
庭小屋・屋根編
庭小屋・完成までもうちょい編

小屋には一応床と屋根に断熱材を入れているのですが、
おドイツの冬の寒さの中で、
無事冬越しできるかどうか定かでないので、
鉢やプランターの一部は念のため地下室へ移動させました。

一鉢しかないアガパンサスはもちろん地下室組です。
この冬は咲かないでほしいです。

冬?咲かないでほしい?という方こちらをクリック→せっかく咲いたのに誰にも見られなかった

こんな小さい庭なのに
ちょっと仕事をするとてきめんに腰が痛くなります。

いつも
大きな庭が欲しいなぁと思っていますが、
これ以上大きな庭だったらお世話しきれないでしょうから
多分、これくらいの庭がぐーママことpharyの身の丈に合っているのでせう。


おまけ

一枚目の写真に、ネムノキが写っています。
ネムノキ
あぐりさーん、見てますかー?
こんなに大きくなりましたよー。

五年前はこんなだったのに→園芸に詳しい方、どうか教えてください。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : ■お花が好き♪ - ジャンル : 趣味・実用

タグ : 庭の冬支度 潔く 花壇と鉢物の切り戻し フロックス シオン ゼラニウム ペチュニア カンナ 庭小屋 刺し芽

| ホーム |

 BLOG TOP