FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!

      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。


おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務。
ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの婚約者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。


おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
結婚して以来幸せ(?)太り。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。


末っ子
ぽっちゃり系女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/12/18 (Tue) 09:58
日本のことをとやかく言えない




こんにちわんこ。
おねえちゃんあてに大きな箱が届いた
おねえちゃん宛てに大きな荷物が届いたんだよ、のタルです。



しかも二箱。

こんなに大きいのにどちらもすっごく軽いんですけど、
何が入っているのかな?
いったい何が入っているのかな?

え!
え、これだけ?
これだけ?


以前こんな記事を書いたら(→企業努力)当時仲良くしてくれていたおドイツ駐在の日本の企業戦士の方が

過剰包装ではなくて、(梱包用の箱を)なるべく同じサイズにした方がコストが安いんですよ。
それぞれピッタリ合った箱を用意する方が高くつくんです。

と、教えてくださいました。

きっとこのPidl通販部門の
日本に負けない過剰包装
ウォーキング用のストックの長さに合う箱がこれだったのでせう。


以前日本からお皿と丼を送ってもらった時にも中身に対するはこの大きさでびっくりしましたが(→完璧梱包?過剰梱包?
この場合はお皿が割れないようにという理由があったわけですからね。(←緩衝材がすごかった)

それにしたって
今回のストックは壊れ物ではないし、
これくらいの長さで、それほど厚みや高さのないものなんていっぱいあるわけなんだから、
もう少し厚みのない箱を用意してもいいんじゃないんでせうか。

と、言うのも、
これからクリスマスまでに
うちの子たちが注文した品物が続々とぐー家に届くわけですよ。(←みんな日中仕事で受け取りができないのでうちに配達してもらう)

その段ボール箱がみんな中身に比べてこんなに大きかったら

ぐー家の古紙用ゴミ容器(こんなの→クレーム入れるべきか?)があっという間に一杯になってしまふでせうよ。
紙ごみの回収は一か月に一度だっていうのに、、、、。

それよりなにより資源の無駄使いじゃないのよ!

もちろん、古紙回収用の容器に捨てればリサイクルされるのでせうが、
そのためにもコストがかかるでせう。


二箱というのはおねえちゃんとB君の分でせうが、
注文者も、配達先も同じなんだから
せめて、一緒の箱に入れるとか、できないものでせうか?

ていうか、
おねえちゃん、どうして一緒に注文しなかったの?

(後で訊いたら、B君の分を注文した後、自分も欲しくなったのだそうです。)


常日頃日本の過剰包装を嘆いているぐーママことpharyですが、(参考記事→日本ゴミ事情シンプル包装≠高級?、)

これじゃ、日本のことを言えませんね。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ドイツ - ジャンル : 海外情報

タグ : 荷物 過剰包装 段ボール箱 古紙用ゴミ容器 資源の無駄使い

| ホーム |

 BLOG TOP