FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/10/07 (Sun) 05:53
雑草との戦い


こんにちわんこ。
ガニ股
ガニ股のタルです。


これは8月に撮った写真です。暑そうですね。

タルルンはかなりのガニ股です。
ほかのヨーチワちゃんもそうなのでせうか?


9月の帰国時は
晴か曇りで暑くはない日に実家の庭で雑草と戦っていました。
終わったらまとめてアップしようと思っていたのですが、
最後の草取りをしたのが実家を出る直前だったのでできませんでした。

実家?雑草との戦い?という方こちらをクリック→戦いのゴングは鳴った

ちなみに今回の一時帰国の記事はこちら ↓

今回は緊急ではありません
終われば下がる
再会ツーわんず
戦いのゴングは鳴った
ささやかな復興支援
津波の被害地
食べ物の美味しさを決めるもの
水没
普段やらないことをした結果
ダメでした (涙)
ワラ祭りとその他の梅
ノリノリ従兄妹会
一瞬希望の光が
滝を見て懐かしい味を食べてきました
おドイツでは(多分)絶対食べられないものは美味でした(おまけあり)
地元の噂のラーメン屋(仮)
お遊び機能発見
台風のスピード次第
決行!台風の合間を縫えるか?
無事合流・まず食べる (追記あり)
気温差17℃


比較のために草取り前と草取り第一回目のお写真をもう一度載せませう。

この草ぼうぼうを
草ボウボウ2018_4

一回目はこれくらいきれいにしました。
1日目の成果4


二回目は家の角まで。
草取り二回目
無理せずゆっくりと。


3回目は角のところを
2018092220400605f.jpeg


帰国して二週間目にやった4回目は家の東側の
草ボウボウ2018_3

特に母の寝室から見えるところを重点的にきれいにしました。
この辺の雑草を

そのせいか、いつもは家の中に座るか寝てばかりいる母が、
母の寝室の前を優先
庭にある鉄棒はその昔、足の萎えた父が少しでも歩く練習をするようにと取り付けたものです。
今では母が使うようになったのですが、
いかんせんなかなか外に出ようとしないので
半分無用の長物になりかけています。


珍しく義姉に付き添われて玄関からここまで歩いてやってきました。
珍しく母もここまで歩いた
こうやって毎日少しでも外に出て
お日様に当たり、動くようにするといいのですが
兄か義姉の付き添いが必要なこともあり(←転倒防止のため)
なかなか難しいところです。


二週間たつと、最初にきれいにしたところに新しい雑草が生え始めていたので
二週間前に綺麗にしたところにすでに新たな雑草が
そこもさっときれいにしました。

生え始めのころはまだ根も張ってないのだから
さっと表面をひっかくようにするだけできれいになるのです。
毎日5分でもそれをやったらあんなに草ぼうぼうにはならないのですが

でも、それを庭仕事が嫌いな兄や義姉にやれとは言えません。
毎日母の面倒を見てくれているだけでも感謝です。


ついでにツツジの中から飛び出た熊笹を切り
ツツジの中から飛び出た熊笹を切った

庭師さんに叱られない程度にツツジの形もざっと整えました。
ツツジの形もざっと整えた


5回目の草取りをしたのは、台風が近づいた日(=実家を発つ前の日)でした。

この日は末っ子との唯一の連絡手段、
FBのメッセンジャー機能を使って広島にいる末っ子と翌日の日光行きを決めた日で(→決行!台風の合間を縫えるか?
末っ子とのやり取りや荷造りや何やらで気持ちが落ち着かなかったのですが、

井戸の周りは綺麗にしておくもんなんだよ。

という、母の言葉が気になって(←水場を綺麗にという風水に通じるものがあるし)

家の北側を
井戸の周りは綺麗にしておかなければならない
この井戸は実家を建てた当時(約45年前)、この辺りはまだ水道管が通っていなかったので掘ったものです。
幸いいい水脈にあたって、水道管が通るまではこの水を消毒して使っていました。
井戸の向こうのカバーがかかっているものはポンプです。
宮城県沖地震の時は、電気の復旧が早かったので、井戸のポンプが使え、実家では水には困りませんでした。
この井戸はまだ現役で、飲料には使えませんが、庭の水やりなどに使っています。
東日本大震災の時は電気復旧後、この水をトイレ用に使えたので、
給水車から運んだ水は全て飲料用に使えて助かったそうです。
まさに井戸の神様様。


ザっとですが
井戸の神様に祈りながら草取り
井戸の神様、この家と家族を守ってください。
と、心の中でお祈りしながら、草取りをしました。

半分黄色くなっている幅の広い葉っぱはミョウガです。
かなりたくさんのミョウガ
葉っぱを切りながら
根っこをおドイツに持って帰りたいなぁ、
と思っていました。

この辺りは初日にフェンスやお隣の植木にまでびっしり伸びた葛を必死に取ったところです。
草よりも葛の太くて長い根を引っ張り抜くのが大変だった
地表の草よりも、
地中に何メートルも網の目のように張り廻った葛の
太くて長い根を引っ張り抜くのが大変でした。

途チウで台風の前触れの雨が降り始めたので
かなり雑な仕上がりになってしまいました。


この日の労働への報酬は
労働後のおやつは萩の月
義姉が
今回の帰国でまだ食べていなかったよね。
と、気が付いて買ってきてくれた

宮城の銘菓ハPの月。
この味、、、、
あぁ、、、この味、、、、。


おまけ

ぐーママが草取りを始めると、
母は縁側の椅子に座って

去年まではお母さんがちょこちょこ抜いていたんだけどね、
今年になってからは、一度しゃがむと立てなくなっちゃってねー、
心ならずもこんな庭になっちゃんたんだよ。

と、毎回言うのです。
これは、前回も前々回の帰国の時もその前も同じ。

母が自分で草取りをしたのは
多分もう10年以上も前のことなんですけどね。

あー、そうなんだー。
でも、これからは日本に来るときだけでも私が取るからね。

と言うと(←認知症の人の言うことは否定しない方がいいそうです)

ぐーちゃん、草取りに帰って来るようなもんだね。

と、母が返すのは
母が腰を痛めて認知症っぽくなって以来(その時の記事はこちら→緊急帰国 2015年5~6月
もうお約束です。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ


関連記事

テーマ : 頑張れ自分。 - ジャンル : 日記

タグ : ガニ股 一時帰国 雑草 井戸の周りは綺麗にしておく 風水 井戸の神様 ミョウガ 台風 労働への報酬

| ホーム |

 BLOG TOP