FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/08/03 (Fri) 20:44
間が悪すぎ三連発



こんにちわんこ。
Dちゃんとお買い物に行ったんだよ
きのふママリンとDちゃんとお買い物に行ったんだよ、のタルです。



旅行の記事の途チウですが、
あまりに悲惨で笑えちゃうような出来事があったので
ブログ記事にしてみました。


きのふの午前チウ、暑くなる前のことです。
だんな君は車で隣町の床屋に出かけました。

この日は朝から孫のDちゃんのベビーシッターが入っていましたが、
Dちゃんもそこそこ歩けるようになったので
お散歩もかねて駅前のスーパーに行ってきました。

もちろんタルルンも一緒です。

あいにくベビーカーがなかったので(←MちゃんはDちゃんだけ連れてきた)両手が使えるようにと
普段はあまり使わないリュックサックを背負い

両手が使えるように普段は使わないリュックを背負った
お財布も携帯も家の鍵もみんなリュックサックに入れていざ出発。


買い物も無事すんで、
さぁ帰ろうというその時

スーパーの駐車場でタルルン突然のうんP態勢!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

ちょっとちょっと待って、うんP袋出すから、、、、(←いつもならタルのうんPはダイレクトキャッチする

 あ、しまった!

普段使うバッグ類、ジャケット類にはすべて複数のうんP袋が入っているのに
このリュックは普段使わないから入ってない!

どうしよう?

あ、そうだ、さっき買い物したネギを入れた袋を使おう。
袋袋っと、、、。

と、リュックを下ろして中をごそごそしていたら、

手が離れたDちゃんが

アオト~、アオト~

と言いながら、(←Auto=アオトー=自動車)
辺りをちょろちょろし始めるではありませんか。
タルルン突然のうんP。うんP袋がない!

Dちゃん、動かないで!
Bleib hier!(ブライブ、ヒーァ!=ここにいて!)

と言っても、すぐに言うことを聞くわけではない一歳児半。

そして、そして、、、
こんな時に限って携帯が鳴る。

しかも間が悪いことは重なるもので
その携帯もリュックの下の方

あぁ、自分のバカ!
どうしてレジのところで荷物詰めをするとき
携帯を一番上か脇ポケットに移さなかったのよ!(←落としたら大変だと思ったからよ)
てんやわんや

Dちゃん、そっちに行かない!

何しろ駐車場ですからね、
徐行しているとはいえ、車が次々に来るわけですよ。
でもって自動車大好きなDちゃんは
お気に入りの自動車が来るとそっちの方に駆け寄ろうとするわけです。

ダメだよ、危ないよ。オマちゃんのとこにいなさい。(←オマちゃん=おばあちゃん=ぐーママ)


Dちゃんをけん制しつつやっと携帯を取り出し、
出てみれば

床屋が今終わったんだよ。
今、どこ?
まだスーパーにいる?
拾ってあげようか?

というのんびりしただんな君の声。

うん、お願、、、、
Dちゃんっ、じっとしててっ!

ぐーママの声の切羽詰まった感がすごかったのか、
だんな君はすぐに電話を切ってくれたけれど、

携帯をリュクに戻す時だって

Dちゃんを気を付けながら、
何なら逃げようとするDちゃんの手を引っ張ったりする。

という動作が入るわけですよ。


ぐーママがそんなてんてこ舞いしているときに

Dちゃーーーーーーーん!

踏んづけっ!

しっかりうんPの一つを踏ん付けてくれてましたよ。(←タルルンは数歩歩いて二個目三個目をする分散派)


人間の子供より、きちんとしつけられたわんこの方がまし扱いが楽

とはよく聞くことですが、
つくづく本当だなーと思った次第。


だって

Bleib!(ブライブ!=待て!)

のコマンドが入ったタルルンは
ほとんど動きませんでしたから。

エッヘン、えらい?
エッヘン、えらい?
うん、えらいー。

予期せぬところでうんPしたけどね。

って、それが諸悪の根源じゃないの!


あー、疲れた。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 孫守り - ジャンル : 育児

タグ : あまりに悲惨 普段使わない リュックサック こんな時に限って 切羽詰まった 踏ん付けてくれてました 諸悪の根源

2018/08/03 (Fri) 01:14
〇 屋上プール ×地下駐車場



こんにちわんこ。
ツルスベマルガリータになるとお耳が異常に大きく見える
ツルスベマルガリータになるとお耳が異常に大きく見えるタルです。


見える?
実際に大きいでしょうが。

でも、お目目もクリクリ度が強調されて
いつにも増してかわいく見えるわよ~。


7月の末にイタリアのGardasee(ガルダゼー=ガルダ湖)に行ったことを書いています。
これまでの記事はこちら ↓

ただいま旅行チウ
ホテル近くの湖畔はわんこがいっぱい


今回のホテルは(も)
土壇場で探したため、
いわゆる有名観光地の町にはもう予算にあうところが見つからず、
その周辺的な小さい町の中にありました。(←わんこOKというところが少ない)
その周辺的な小さい町の中にありました
でも、目の前にバス停があって、
バスを使ってシルミオーネの町や、港がある町に10分もかからず行ける便利なところです。

実際、シルミオーネの町は細長い半島の先の方にあるのですが、
駐車場が限られていて

6月に家族でこの街を訪れた趣味の会のお友達は
車が全然進まなくて
結局町までたどり着けなかったと言っていたので、
シルミオーネの町中の駐車場があるホテルに宿をとるのではない限り、(←そういうホテルはすごく高い)
ハイシーズンは半島の根っこ当たりの駐車場に車を止めてバスを利用するのは正解かもしれないです。

ホテル自体は古いものでしたが、
一応で中はきれいに改装されていて
中はきれいに改装されていて
なかなか感じのいいところでした。

三つ目のベッドも、
よく観光地のホテルにあるような簡易ベッドではない普通のシングルベッドでした。
三つ目のベッドも、 よく観光地のホテルにあるような簡易ベッドではない普通のシングルベッドでした。
これは到着直後。
この後ずっと運転していたおねえちゃんはこのまま爆睡してしまいます。

残念だったのは
シャワーのお湯の出が悪くて
残念だったのは シャワーのお湯の出が悪くて シャンプーを流すのに時間がかかったことぐらいです。
シャンプーを流すのに時間がかかったことぐらいです。


朝ゴハン。
朝ゴハン。 イタリアなので朝からケーキやビスケットなど甘いものが並んでいます
イタリアなので朝からケーキやビスケットなど甘いものが並んでいます。

でも、おドイツから来たぐーママたちは
チーズとハムなどをいただきました。
おドイツから来たぐーママたちは チーズとハムなどをいただきました。 これにカプチーノ、ヨーグルトという、お決まりの朝ゴハンです。
これにカプチーノ、ゆで卵、ヨーグルトという、お決まりの朝ゴハンです。

一番うれしかったのが

屋上に小さいけれど
一番うれしかったのが 屋上に小さいけれど

プールがあったことです。
プールがあったことです。

連日猛烈な暑さの中を歩き回って
連日猛烈な暑さの中を歩き回って ホテルに戻るなりプールに飛び込んで体を冷やしました。
お腹には自主規制のモザイクをかけておきました。だって、タルタルなんですもの。
ホテルに戻るなりプールに飛び込んだときの気持ちの良さったら!

湖の景色を見ながらジャグジーでマッサージするのは最高の気分でした。
湖の景色を見ながらジャグジーでマッサージするのは最高の気分でし

もう一つ残念っていうか、

うわっ!

と、思ったのは

地下駐車場への通路が異常に狭かったことです。
駐車場への通路が異常に狭かったことです

もうね、ほんとカツカツギリギリ
もうね、ほんとカツカツギリギリ
特にカーブの部分が、、、、。

おねえちゃんの車は360℃方向にカメラと
おねえちゃんの車は360℃方向にカメラと接触防止のセンサーが付いているのですが、
接触防止のセンサーが付いているのですが、(←この通路にいる間中ずっとセンサー鳴りっぱなし)

それでも脇をこすらないかとひやひやものでした。
それでも脇をこすらないかとひやひやものでした。
実際通路のカーブ部分には無数のこすった後が付いていました。

いったいどれだけの車がここでボディに傷をつけて
楽しい旅行の最後にプンプン怒りながら帰途についたのでせう?

この点でも、滞在チウ、車は駐車場に入れっぱなしにして
バスで移動したのはよかったです。

おねえちゃんの運転の腕がよかったということもありますが、
おねえちゃんの運転の腕がよかったということもありますが、おねえちゃんの運転の腕がよかったということもありますが、 だんな君と、ぐーママで隙間の余裕を見てあげて
だんな君と、ぐーママで隙間の余裕を見てあげて(←ほんの数cm)

無事出車~。
無事出車。

ほんのちょっとでも車体が長かったら、この駐車場は使えなかったでせう。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : 夏の旅 - ジャンル : 旅行

タグ : イタリア 小旅行 ガルダ湖 ホテル バス 屋上 プール ジャグジー 地下駐車場

| ホーム |

 BLOG TOP