FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/06/14 (Thu) 04:42
難民が起こした事件



こんにちわんこ。
町のVHS(Volkshochschuleフォルクスホッホシューレ=市民講座・成人学校)事件があったんだよ
町のVHS(Volkshochschuleフォルクスホッホシューレ=市民講座・成人学校)事件があったんだよ、のタルです。



ぐーママことpharyは定期的に外国人の集まりに参加しています。
その会場が町のVHSの建物です。

その会での過去のトラブルはこちら ↓
日本人の弱点を克服できてない
とうとう言ってやりました!でもやっぱり日本人、、、、
詫び、入りました

その後、(表面上は)おとなしくなったM子さんと相変わらず隣どうしで座っていましたが、
5月になって新たに複数の参加者があって
その人たちがそれまでの座席の暗黙のしきたりをあっさり打ち壊してくれたおかげで
ぐー、ママ、晴れてM子さんから離れた席に座ることが出来るようになりました。やっほい♪(/・ω・)/ ♪


それはともかく、

先日の集まりの最チウ、
突然ドアが開いて
Hausmeister(ハイスマイスター=建物の管理人)が、

何も問題はないですか?

と尋ねました。

参加者一同が



という顔をしたら、
リーダーさん(←ポーランド人女性)が

彼は私のために特別に来てくれたのよ。

と、言いました。

聞けば、先日、VHS内での難民のためのドイツ語コースの授業中に、
激昂した生徒(難民)に
中年の女性ドイツ語教師が暴力を振るわれるという事件があったそうで、
VHSの建物内で外国人のためのコースや、
ぐーママたちのような外国人の集まりで、教師・講師・リーダーが女性の場合は
彼女らの安全のために、
Hausmeisterが各教室を確認して回っているのだそうです。

彼はその後も
それまでとは違って、VHSの授業や、ぐーママたちの集まりが終わる時間まで
書く教室が見渡せる場所で待機していました。(←休憩時トイレに行くとき目撃した)

何かが起こったらすぐに対処できるようにということでしょうか。


そのことをFBで呟いたら

昔おドイツにいた友達からコメントが入りました。

以下、友達とぐーママとのコメントのやり取りです。


私も昔、東西ドイツ統合の頃、当時住んでいた町の難民クラスに1年通いました。
授業料無料で。(^_^;)
遠足などもあり、楽しかった。
私の級友は、全てロシアから来たドイツ系移民だったので、むしろドイツ人よりおとなしかったため、先生が、もっと自己主張しなさい、とアドバイスしていました。
長年圧力を加えられ、自由に慣れていないらしかった。
でもあれから20年、難民の出身地も全く違っているでしょうね。(-_-;)


え、駐在の奥様が難民のためのドイツ語コースですか?
今の難民は昔の難民に比べ、
まずけた違いに数が多いのと、
宗教観・生活や人間に対しての基本的な考え方がが根本的に違うので
おドイツの各地でいろいろ問題が起こっているようです。

今回の事件も、
ドイツ語の先生が女性だと軽く見ていたのに、
その自分より低い立場であるはずの女性に自分の考え方を否定され、
カッとなったということらしいです。

いろいろ言い分はあるかとも思いますが、
少なくともドイツという国に保護され、命の危険がなくなった上に、
ドイツ市民の税金を使って医療費をはじめ様々なものを無料にしてもらってこの地で生活しているわけですから、(←下手すると、所得の低いドイツ市民より自由になるお金が多い難民もいるとか)
多少のことは我慢して、
少しはこちらの生活習慣になじむよう努力してくださいよといいたいです。

私は初め町の市民講座に週2回通ったのですが、
学生が多く(幸い日本人はゼロ)あまり真面目ではなかったので、他を捜しました。
その後、Aussiedler(アウスジードラー=移民)のクラスがあると聞いて交渉してクラスに入れて貰いました。
1か月目はいくらか払ったのですが、
そのうち、もう払わなくていいよ。と言われ、
月~金まで朝八時から、幼稚園を迎えに行く都合で、午前中の授業だけ通ってました。(みんなは3時頃まで)
いろんな先生がいて面白かった。
元俳優だったり、考古学者だったり。
文法はアメリカ人の先生が教えるのが上手だった。
最終テストは就職の模擬面接とか Mieterとの交渉とかでした。
私のクラスメイトは、元々ドイツ系なので、皆真面目で、ソ連時代にひどい目に遭っていた人だったので、
恵まれた待遇に文句とか不満を爆発させることは考えられませんでした。
今は全く世界が変わってしまったようです。


ぐーママは

難民はおドイツに行ってくるな!国に帰れ!

なんてことは思いませんが(←ここでは自分も外国人だし)
そんなぐーママでもこういうことがあると、
やはり眉を顰めずにはいられません。

よその国にお世話になっているのだから
自分の権利や、自国の風習ばかり主張しないで
おドイツの生活に溶け込む努力をしてほしいです。

郷に入れば郷に従えっていうくらいなのですから。

このような一部の不良難民のために
難民全体が白い目で見られるってことになるんですよねぇ。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : Volkshochschule 市民講座 成人学級 難民 ドイツ語講座 暴力 FB コメント

| ホーム |

 BLOG TOP