FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/04/17 (Tue) 08:30
10年ぶりの罰金




こんにちわんこ。
ママリンたらけふはPech(ペッヒ=ついてない)だったんだよ
ママリンたらけふはPech(ペッヒ=ついてない)だったんだよ、のタルです。



けふは電車お出かけでした。
目的地に着くまでに一度乗り換えをしなければなりません。

いつもは中央駅で乗り換えるのですが、
けふはマイブームの宇江佐真理さんの小説を読んでいてうっかり乗り過ごし、終点のT駅まで来てしまいました。

行先のH駅はT駅の二つ先ですが、
乗り継ぎの電車が来るまで15分以上も待たなくてはなりません。

折しもけふは雨模様。
ちょっとした屋根が付いているだけのT駅のホームは拭きっさらしで寒いです。

それが嫌だから、いつもは地下ホームがある中央駅で乗り換えているのです。

反対方向行きの電車がやってきっところで、ぐーママことphary閃きました。

ミュンヘン交通局全区有効の定期券を持っているんだから、
反対行の電車で3駅ばかり戻ったところで乗り換えるようにしたら
あったかい電車の中に座っていられるわ。
ぐーママったらあったまいい!

すかさず電車の乗り込んで

さぁ、小説の続きを読もう。

と思ったところに

Kontrolle(コントローレ=検札)!


ドイツには改札口がないので
電車に乗るときは切符を自分で自動スタンプ機に差し込んで
乗った場所、時間などを印刷します。

ただ乗りしようと思えば出来るのですが、
時々車内で抜き打ちの検札(コントロール)があるので
たいていの人はちゃんとチンとスタンプを押します。
定期券を持っている場合はそれを見せればいいのです。

というわけで、おもむろに定期券の入ったお財布を取り出そうとバッグを開けたら


え"っ、冗談は良子さん!
お財布がないっ!
いやだ、ぐーママったらサザエさんしちゃったー!


しくしく、罰金60ユーロです。
おまけにL駅で降ろされてしまいました。

ぐーママ、社内検札でひかっかったのってこれで二度目ですよ。

一度目はこちら→車内検札
わぁ、も10年も前のことになるんだわ。
でもって、このころの罰金は40ユーロだったのねー。

なんて感慨にふけっている場合ではありません。

あーぁ、寒いからなんて言ってないでT駅でおとなしく待っていればよかった。



おまけ

検札のおばさん(←でも、たぶんぐーママより若いと思ふ)は、

運が悪かったですね。

って同情してくれたけれど
罰金切符はしっかり切りました。(←当然)

でもさ、
お財布を忘れたって言っているのに

今ここで払いますか、それとも振り込みにしますか?

って、聞くのってどういうことよ。

私、ここでここでどうやって払えばいいんですか?

って訊いたら、

もちろん現金でよ。

って、、、、

だーかーらー、お財布ないんだってば~!
一文無しなんだってば~!

それとも何ですか?
ぐーママ以外の人はお財布以外のどこかに60ユーロぐらい持っているものなんでせうか?


おまけ 2

L駅では途方にくれました。

お金もクレカもない状態でどうやって目的地まで行けばいいのよ?
タクシーを拾って、目的地で会う予定の人に金を借りる?

幸い、目的地で会う人に渡すために持っていたお金がバッグに入っていたのを思い出して
それで乗車券を買って、その後は事なきを得たのですが、

いやー、人間、無一文になるって本当に心細いものなのね。
っていうか、何もできない。
頼りは携帯だけという、、、、。
それだって充電が切れちゃったら、
にっちもさっちもいかないわけでしょ。

昔、ドイツのフリージャーナリストが無一文でドイツのハンブルグ(←だったかな?記憶が定かでないです)からバイエルンとオーストリアの国境まで、ヒッチハイクやときには物乞いをしながら何か月もかけて旅をしたレポート(←Dutschland umsonstというタイトルだったと思います)を読んだことがあるのですが、
そんなことできるものなのかしら?(←彼はやったでしょ)


おまけ 3

罰金を払うための書類に氏名住所などを記入したのですが、

あの時のおにいちゃんのように(参考記事→似たもの親子

身分証明書もなにもないのだから
名まえも住所もでたらめ書いても、バレなかったわけじゃない!

という、悪い考えが心に浮かんだのは
H駅に向かう電車に乗り込んだ時でした。

だからといって
もし次回同じようなことがあっても
きっとバカ正直に正しく記入しちゃうんでしょうけど。

って、正直に書かなくちゃダメでしょ!
って、正直に書かなくちゃダメでしょ!
大丈夫、ぐーママって小心者だから、そんな大胆なことはできません。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : (。´‐ω‐)みぃ… - ジャンル : 日記

タグ : 電車 車内検札 財布を忘れる 罰金 でたらめ バカ正直

| ホーム |

 BLOG TOP