CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/04/13 (Fri) 08:38
貴重だが物足りない世界遺産・ローマの砦


こんにちわんこ。
アントニウス将軍の足元で腰が抜けているタルです。
アントニヌス将軍の足元で腰が抜けている
高いよ、怖いよ、ブルブル、、、。



だんな君の故郷、ドルトムントにプチ旅行したことを書いています。

これまでの記事はこちら ↓
割れてしまった
ラインのほとりで魚三昧
シニアサイズでも十分
こんなのホテルじゃない
運がいい時もある


最終日、帰宅する前に

せっかくだからどこか見ていこう。

でも、どこがいいかな?

そうだ、世界遺産ならはずれがないだろう!

ぐーママことphsryったらあったまいい~


ということで
フランクフルトから車で20分のところにある世界遺産、
フランクフルトから車で20分のところにある世界遺産、Römerkastell Saalburg Archäologischer Park
Römerkastell Saalburg Archäologischer Parkへgogoひろみgo!(←古杉)

ここはローマ時代の砦が再現されている世界遺産ということで、
ここはローマ時代の砦が再現されている世界遺産ということで、
塩野七生の「ローマ人の物語」の愛読者としては期待感いっぱいで行ったのですが、


はっきり言って、、、、、
はっきり言って、、、、、拍子抜け。

拍子抜け


再現された建物が展示室になっていて、
それはそれで面白かったのですが、

ほら、これなんか
テルマエ・ロマエの世界
テルマエ・ロマエの世界ですよ。ルシウス~!

展示を見ていると
当時のローマの文化の高さが
当時のローマの文化の高さがひしひしと感じられます
ひしひしと感じられます。

日本やゲルマンなんか、
まだウホウホの世界だったのに(←いや、それよりはちょっと人間らしかったかも?)

こんな強固な砦を作っちゃう技術があって
医療や工学
こんな鉄帷子

実用から芸術まで
お靴なんかを作っていたわけですからね
ここまで進んでいるってすごすぎる。

展示物の写真はもっといっぱい撮ったのですが、
アップするのが面倒なのでこれでおしまい。



ガイドもなし、(←到着したのが9時ちょっと過ぎ、ガイド付きの案内は11時←2ユーロ追加)
改築中で見られないものの方が多かった
あちこち改築中で見られないものの方が多かった上に、

唯一見学できた展示室はこれだけ
唯一見学できた展示室

ハイシーズンではないせいか、
本当なら体験できると思われる、例えば弓撃ちなども何もできませんでした。

ま、それは運が悪かったわけですが
許せないのはね、

オリジナルに遺跡に
オリジナルに遺跡にそれが何なのかなんの説明も書いていないってことです
それが何なのかなんの説明も書いていないってことです。

ほら、これ。
ほら、これ。これなんだったんでしょうね
これなんだったんでしょうね。
兵舎跡?

これも、
これも

床暖房の焚口っぽいですけど、定かじゃありません。
床暖房の焚口っぽいですけど、定かじゃありません
あぁ、知りたい知りたい知りたい知りたいっ!

唯一説明があった陶器を焼く窯。
唯一説明があったパン焼き用のかまど。

これは土台の形からして
これは土台の形からして浴場跡だと思われます
↑の浴場跡だと思われます。


半分以上が見られないのに
入場料は通常通りの7ユーロ
半分以上が見られないのに
+タルちゃんまで1ユーロ取られて、

単にたいして広くもない場内をお散歩しただけという、、、。(←あ、あとおトイレも使ったけど)
単に場内をお散歩しただけという
消化不良もいいとこですよ。ぷんぷん。


しかもね、奥さん、
もっと悔しかったのは

1時間そこそこで出てきてしまった後で
 ハッと気が付いたんですけど

肝心のオリジナルリメスを見るのを忘れてしまってたって、、、、、、。

うわーん、おバカー、自分ー!


学術的には
非常に貴重な遺跡で
まだ解明されていないことも多くあって研究チウらしいのですが、
凡人のぐーママにとっては

7ユーロもとって(+わんこまで入場料を取って)
これだけですか?
ぼったくりじゃありませんか?

感がぬぐえませんでした。

まぁまぁ、そのお金が貴重な遺跡の研究費に回されるんだから、、、、
タルちゃんまで1ユーロ取られて

歴史にそれほど興味のないだんな君を
無理やり連れてきたぐーママの立場はどうなるのよ?(←どうにもならない)


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : ローマの砦 世界遺産 Saalburg はずれがない ローマ時代の砦 塩野七生 ローマ人の物語 拍子抜け 展示室 テルマエ・ロマエ

| ホーム |

 BLOG TOP