CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2017/06/15 (Thu) 08:27
おトイレはいずこ? モーゼル河畔・Reichsburg城 



こんにちわんこ。
モーゼル川のお城にも行ったんだよ
モーゼル川のお城にも行ったんだよ、のタルです。




6月初めのライン、ドルトムント、モーゼル方面への小旅行の話です。
これまでの記事はこちら↓

高速道路で見たもの
ラインのほとりのローズガーデン
またラインのほとりで和食三昧
ラインのほとりの小さな町
モーゼルのほとりで思わぬ美食
このおトイレの場所、ちょっと問題じゃ? ライン川のMarksburg

見学した二つ目のお城は
モーゼル川のほとりにあるかわいい町Cochem(コッヘム)にあるReichsbur城。

市内の駐車場は混んでいたので車はちょっとはずれのところに止めて
駐車場からは自転車で 1
自転車でシャトルバスの乗り場まで行きました。

こういう時自転車を持って来ていると小回りが利いて便利です。
駐車場からは自転車で2
マリーさんのだんな様もこんなモーゼル沿いの道でのサイクリングを楽しんだのですね。


バス乗り場に着いた時
ぐーママことpharyもだんな君もおPっこしたかったのですが、
インフォメーションの所のおトイレは有料。

バスはあと20分ほどで出発。
お城に行けば無料のおトイレがあるはず。
まだ切羽詰まったわけではないから
それなら待っておトイレ代を節約しましょ、

とセコイことを考えて

お城までのシャトルバスの出発時間まで
シャトルバスが来るまででアイス休憩
アイス休憩。

この日はすごく暑い日だったので
アイスがおいしかったー。

ボクも最後にアイスとウェーハスもらったんだけどさー、
ボクは最後にアイスなめたよ
だからって涼しくなるわけでもないんだよね、

何しろ毛皮着ているからさー。ハァハァ、、,。
バスの中は特に暑くて(*´Д`)ハァハァ
特にシャトルバスの中が又暑いんだこれが!


備えよ常に!

の精神で夏場は常に持ち歩く
お扇子が大活躍
お扇子が大活躍でした。


バス乗り場から見たReichsburg城
バス乗り場から見たReichsburg城

この城門をくぐったところに
Reichsburg城・城門

ふふ、
読みは当たったわ。
塀の上で

おトイレがありました。
パパリンおトイレからの帰還
パパリンおトイレからの帰還

お城の見学はガイドさんと一緒にしかできないので、(←ここもわんこOKでした💖)
集合は建物の左側の狭い門

待っている間に写真を撮りました。

この鎧、ちょっと頭部が小さすぎますね。
頭が小さい!
それともだんな君がデカ頭なのでせうか?

門の所から見たCochemの町です。
Cochemの町
右側のカエルみたいな像は、実はライオンって、、、、
カエルにしか見えませんよね?

幾重にも続く門、門、門。
狭い門


このお城は
外観も素敵

外観もきれいだし
きれいな外観

調度品などもなかなか見ごたえがありました。
調度品などもきれい

おトイレはどこ?

おトイレがない?

おトイレはやっぱりない?

お城のベランダからもモーゼルが見渡せます。
ベランダからモーゼルを見る
風が涼しくて気持ちがよかったです。

写真は撮らなかったのですが
階段ホールや渡り廊下などにもきれいな装飾がしてあって
どの部屋も見がいのあるものでした。


でもね、一番見たかった当時のおトイレは見せてもらえませんでした。

きっとどこかにあるはずなのに、、、

それともこのお城の時代にはベッドの下にTopf(トプフ=便器)を置くようになっていたのでせうか?


見学を終えて
町まで歩いて帰ろうか、
最初の城門を内側から
と、門に向かおうとした時、
まさにこの写真を撮った直後

突然ドシャドシャの土砂降りが!
突然の雨
慌てて門の下に避難しました。

大きな雨音に震えるタルルン。
大きな雨音を怖がるタル

ちょうど帰りのバスがあと5分ほどで来るので、
予定変更してバスで町まで帰ることにしましたが、

バス乗り場まで土砂降りの中を歩いて行かなければならず、
しかも、バスったらすぐに来ないっていう、、、、。

おかげで町に戻ったときには
びしょびしょ
濡れネズミになっていましたとさ。フェーン。(;д;)


本当はこの後Cochemの町を自転車で見て回ろうと思っていたのですが
雨がなかなかやみそうにないのでホテルへと向かったのでした。


タルッとクリックお願いします。→  

御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



テーマ : 城めぐり - ジャンル : 旅行

| ホーム |

 BLOG TOP