fc2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
永遠のオバフィー・プレ老女。
信条:他人に厳しく、自分に甘く。厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
明日できることは今日やらない。  
    
タル
2004年9月3日生まれ。
2006年9月よりニューハーフ。
ヨーキーとチワワのミックス犬。
なのに体重5,2㎏まで体重が増え、万年強制ダイエットチウだった。
16歳の現在、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症を患い4,3㎏まで体重が落ちるも食欲旺盛。大好物は食べられるもの全部。
目指せ元気に20歳!
のはずだったけど、2020年12月16日没。
享年16歳と3か月。

チョコ
2022年6月9日生まれ
同8月5日よりぐー家の一員となる。
2.4kgのママヨーキーと7kgのデカヨーキーパパの子。
一体どれぐらいの大きさになるのか予測不能の活発女子。

だんな君
自分は絶対悪くない症候群の偏屈ドイツ人。
DIYので腕はプロも顔負け、匠の技。
ヒトミシラー。

おねえちゃん
何事にも200%で立ち向かう努力の人。
東京のドイツ系会社勤務、ドイツ本社への出向を経て現在本社勤務。

B君
トム・クルーズ似と噂のおねえちゃんの伴侶。
おねえちゃんとは商売敵もとい同業者。
いまだかつて目の前のお皿の上のものを残したことがないらしい。

Aちゃん
おねえちゃんとB君の息子。2023年4月生まれ。
おねえちゃんは日本語で話しかけているが、果たしてクォーターちゃんのバイリンガル教育は成功する?

おにいちゃん
典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメンだったが結婚して以来幸せ(?)太り。今じゃ妊娠8ヶ月級のドスコイ系。
思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
オレ様おにいちゃんのオシャレでお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
おにいちゃんとMちゃんの息子。
2016年10月生まれ。
ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。
日独越語のトリリンガル。
ぐーママの日本語を分かっているのかいないのか、片言日本語で返してくれる。

末っ子
ぽっちゃり系キャピキャピ女子。
バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まる。
現在の趣味はボルダリングと自転車、ハイキング。
料理上手、ケーキ作りも得意。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2023/05/22 (Mon) 15:43
再び国境の町


こんにちわんこ。

ブダペスト旅行のことを書いている途中ですが
きのふから
ボーデン湖方面へ小旅行チウのぐーママことpharyです。


お泊まりしているのは
二年前に泊まったスイスとの国境の町にあるこのホテル。→ おドイツからおドイツへ国境を越える

こんな国境を決めたんでしょうね?

大きな木の向こう側に見える家々は
あちらはスイス
スイスです。

きのふはホテルから車で15分ほどの町に(←といっても2度国境を越えたところ)半分引っ越した
お隣さんを尋ねました。

けふは
スイスの友人のところに行ってきます。→スイスの友達に会いに行く


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。 → にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

タグ : 小旅行ボーデン湖国境の町ホテル国境を越えるスイス

2023/05/23 (Tue) 16:41
スイスの友達に会いに行く


こんにちわんこ。

ボーデン湖方面に小旅行チウのぐーママことpharyです。→ 再び国境の町


きのふはスイスの古い友人を訪ねました。

まだ雪の残るスイスアルプス。
まだ雪の残るスイスアルプス。

この友達とは34年ぶりに会うのです。
この友達とは34年ぶりに会うのです。

この友人たちのことを書いた記事 ↓
20年ぶりのお写真
Yo!

今回のスイス訪問の目的は
今回のスイス訪問の目的は 3年前に癌で亡くなった友人の奥さんのお墓参りです。
3年前に癌で亡くなった友人の奥さんのお墓参りです。

彼女はぐーママがおドイツに来て初めての友人(だんな君の友人の奥さんだった)で、
結婚式にもドイツまで来てくれました。
彼女はぐーママがおドイツに来て初めての友人(相方の友人の奥さんだった)で、 結婚式にもドイツまで来てくれました。

ほとんどが手紙やメールのやり取りだけで
実際に会ったのはたった4回だけでしたが
大事な大事な友達でした。→ 四回しか会えなかった友達

コロナのためにお墓参りもままならなかったのですが
コロナのためにお墓参りもままならなかったのですが やっと来ることができました。
やっと来ることができました。

近くの湖へ移動。
近くの湖へ湖へ移動。

ちょっと小さいように見えますが
一周43kmもある大きな湖です。
ミュンヘン郊外のStarnberg湖は、周囲が個人所有の別荘ばかりで、しかないのに対し、ここは周囲のほとんどが市民に開放されているのがよい。
ミュンヘン郊外のStarnberg湖は、周囲が個人所有の別荘ばかりで市民の憩いの場はほんの数カ所しかないのに対し、
ここは周囲のほとんどが市民に開放されているのがいいなーと思いました。

雲でよくわかりませんが、
雲でよくわからりませんが、 ここからもアルプスがよく見えます。
ここからもアルプスがよく見えます。

湖畔の居心地の良いカフェで
彼女の思い出やお互いの近況を語り合いました
彼女の思い出やお互いの近況を語り合いました。

ガンとの戦いは7年も続いたというのに
彼女の年賀状にもメールにも
一切そのことについては書いてありませんでした。

MKちゃんはあなたぐーママと同い年でした。
でもMKちゃん、あまりに早すぎたよ。

常々だんなさんに

私は絶対Pより先に死ぬからね。
Pが先に死んじゃったらお葬式のこととか色々な手続きとか面倒だし、
1人残されるのは嫌だから。

と、言っていたそうですが、
202305231435577f5.jpeg
でもMKちゃん、
あまりにも早すぎたよ。



翌日は修道院へ行ってみました。→思っていたよりずっと面白かった


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。 → にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

テーマ : つぶやき - ジャンル : 日記

タグ : ボーデン湖スイス古い友達お墓参りアルプス大事な友達思い出を語るガンとの戦い

2023/05/24 (Wed) 07:35
思っていたよりずっと面白かった


こんにちわんこ。


ボーデン湖方面に小旅行チウのぐーママことpharyです。

これまでの記事  ↓
再び国境の町
スイスの友達に会いに行く
思っていたよりずっと面白かった


今回の旅行の第一の目的は
亡くなった友人のお墓参りですが、
ついでに花の島・マイナウ島にも行ってみようということにもなっていました。

今日の天気予報は雨だったので、
予定を変更してSalemのシトー会修道院を見学に行きました。

ガイドツァーが始まるまで
チョコリンと庭などを散策。
ガイドツァーが始まるまで チョコリンと庭などを散策。
これはハーブ、薬草園です。

最初のガイドツァーは大聖堂と修道士たちの居住室など。
最初のガイドツァーは大聖堂と修道士たちの居住室など。

この大聖堂は「とてもシンプルな」という説明でしたが、
この大聖堂は「とてもシンプルな」という説明でしたが、 ぐーママに言わせると十分豪華だと思うんですけど?
ぐーママに言わせると十分豪華だと思うんですけど?
修道院って結構お金持ちよね。

後方の壁に色々飾りがついていないところは確かにシンプルだけど
後方の壁に色々飾りがついていないところは確かにシンプルだけど パイプオルガンも立派だし。
パイプオルガンも立派だし。

かつての修道士たちの居室は
かつての修道士たちの居室は 今は寄宿制の学校として使われているということです。
今は寄宿制の学校として使われているということです。

修道士たちの食堂の天井は
華麗というより
修道士たちの食堂の天井は 華麗というより 破いた紙が散らばっているようで、 はっきり言って気持ちが悪かったです
破いた紙が散らばっているようで、
はっきり言って気持ちが悪かったです。(←写真で見るよりずっと気持ちが悪かった)
少なくともバロックはぐーママの趣味ではないです。

ここは学校の一部。あれ、どうして横になっちゃうんだろう?
これくらいのゴテゴテぶりなら許されるかな。(←何様?)
これくらいのゴテゴテぶりなら許されるかな。(←何様?)
今はPfingstenの休み中ですが、
普段はこの廊下も並んでいる教室も生徒が使っているのです。


続いてのガイドツァーは修道院長の居住館。
続いてのガイドツァーは修道院長の居住館。

こちらのガイドさんがまた早口で
ドイツ語の説明を聞くのに集中しなくてはならず、(←おドイツ語が苦手)
写真をほとんど撮れなかったので(←だんな君は全然撮ってくれないし、、、。)

これは数少ない撮った写真のうちの一枚。
貴重な手書きでの視写本も保管されている図書室です。
貴重な手書きでの視写本も保管されている図書室です。

Kaisersaal 皇帝の広間。
Kaisersaal 皇帝の広間。
修道院と言えば「清貧」のイメージですが、
「ここの修道院はドイツ、イタリアの交通の要所ということもあり、時の権力者たちから大事にされていた」から、
寄進とかもたくさんあってお金持ちだったんでしょうね、
「清貧」とは程遠い、豪華な部屋が並んでいました。

↑この広間は今でもコンサートや公演に使われるそうで、
今日もたくさんの椅子が並べられていました。


雨降りの天気予報だから仕方なくという感じで
あまり期待しないで見学に行った修道院でしたが、
思いのほか、見甲斐があって面白かったです。


お腹がすいたので、かなり遅めのコーヒータイム。
お腹がすいたので、かなり遅めのコーヒータイム。
修道院の見学をしている最中に大雨が降ったらしいです。
チョコリンがいるのでテラス席にしたのですが、
椅子もテーブルもびしょびしょだったので
座る前に拭いてもらいました。

ママちゃんたちが見学している間、ワタクチ車の中でいい子にいていたのに
ママちゃんたちが見学している間、ワタクチ車の中でいい子にいていたのに なんのご褒美もないなんて、、、
なんのご褒美もないなんて、、、、


変な時間にケーキを食べてしまったので、
夕食時になってもお腹が空きません。
なので軽食で済ませることにしました。

だんな君の好きな黒ビールは置いていなかったので普通のビール。
だんな君の好きな黒ビールは置いていなかったので普通のビール。
ぐーママはマラクヤジュースの炭酸水割り。

アスパラガスのサラダと
アスパラガスのサラダ

茹でたアスパラのバターソースをだんな君とシェア。
茹でたアスパラのバターソースをだんな君とシェア。
それに付け合わせのガーリックトーストで充分でした。

しかし、このたった4本のアスパラガスの皿が
21ユーロ(約3100円)ってぼったくりじゃない?
スーパーで買ったら
この太さのアスパラガス10本ぐらいで4〜5ユーロよ。

これじゃまるでスイス価格じゃないですか!
スイス国境がすぐそばだから?


続きます。→ 花のマイナウ島



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。 → にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

タグ : ボーデン湖予定を変更Salemの修道院ガイドツァー天気予報は雨大聖堂修道士たちの居室修道院長の居住館「清貧」とは程遠い

2023/05/26 (Fri) 09:15
花のマイナウ島



こんにちわんこ。
ママリンたちは
荷造りすれば?
きのふおうちに帰ってきたんだよ、のエンジェルタルです。

これは2008年12月・4歳のタルちゃんです。


ボーデン湖方面に小旅行に行っていたぐーママことpharyです。

これまでの記事  ↓
再び国境の町
スイスの友達に会いに行く
思っていたよりずっと面白かった



きのふは花の島・マイナウ島を歩き回ったあとに
帰途につきました。

家に帰り着いた時はもうへとへとで
ゴハンを食べた後に
ブログ書きもそこそこにバタンキューだったので
1日遅れで記事をアップします。(←ほとんどFBのコピペだけど)

ものすごい数の花の写真を撮ったのですが、
ネットで見た方が綺麗だと思うので
興味がある方はネットで探してください。(←他人のPんどし使用)


行ってきましたマイナウ島。
行ってきましたマイナウ島。
曇り空で肌寒かったですが
少なくとも雨は一粒も降らなかったのでラッキーと言えるでせう。

ガイドツァーの最中、
すごい人と結構なわんちゃんたちの数に興奮していたみたいで
わんこに出会うたびにわんわんうるさいチョコちゃんを宥めるのが大変で
ぐーママ、説明が半分ぐらいした頭に入りませんでした。(←おドイツ語が苦手なせいもあるんじゃ?)
ガイドツァーの最中、 犬に会うたびにわんわんうるさいチョコちゃんだったが 30分もしたら吠えなくなった。
それなのに
ガイドツァーが終わったら吠えなくなるって、、、遅いよー。

アーティチョークって
アーティチョークってこう成るんだ。
こう成るんだ!

チョウセンアザミっていうくらいだから
チョウセンアザミっていうくらいだから アザミのような形状というのは当然といえば当然
アザミのような形状というのは当然といえば当然なのですが
ちょっと意外な気持ちになった無知なぐーママ。

薔薇の時期には1〜2週間ほど早かったのが残念でしたが(←たくさんの蕾がついていた)
薔薇の時期には1〜2週間ほど早かったのが残念だったが

石楠花が見頃でした。
石楠花が満開だった。

石楠花が満開だった。

石楠花が満開だった。


この時期の花のミックスも華やかで素敵。
この時期の花のミックスも華やか。

この時期の花のミックスも華やか。
これでもか!とばかりに
だんな君に写真を撮らせました。

メタセコイア〜。
メタセコイア〜。

これは来年の年賀状用の写真の候補だわね。(←ツーショットを撮ることはなかなかない)
これは来年の年賀状用の写真の候補。

蝶々館も
蝶々館もおもしろかったです。
入った途端に蝶々が周囲をひらひら飛び回っておもしろかったです。





コレ、なんだろうと思ってよく見たら
コレ、なんだろうと思ってよく見たら
蝶々のレストランでしたが、、、

この茶色いのって
この茶色いのって 蝶々といふより蛾?
蝶々といふより蛾じゃないの?

あ、綺麗な花!
あ、綺麗な花! と思って写真を撮ったら
と思って写真を撮ったら

うわぁ、目がーーーーー!
うー、目がーーーーー!
こんなの不意打ち食ったら
恐怖じゃないのよー。

やっと撮れたこのきれいな蝶々ですが、
蝶々の羽根が、、、。 誰かに触られたのかしら?
羽根が、、、。
誰かに触られたのかしら?


マイナウ島の入場料は結構お高かったのですが、
ガイドさんの説明によると

ここに植えられている花々や木々は
季節ごとに植え替えるのだそうで、

そのために300人以上の庭師さんたちが働いていて
苗は
自家製にするには広大な土地と労力が必要となるので
全て購入。

例えばチューリップは球根を保管して翌年も植えればいいと思いますが、
ネズミの被害に遭ったりするといい花が咲かないとか保管が大変なので
花が終わったら全てコンポスト行きにして、
やはり毎年何万本も購入するのだそうです。

そりゃお金がかかりますよね。

かつては掘り返した球根を
入場者に無料で配布したこともあったのですが、
大混乱になって危険だったために
翌年からまたコンポスト処分にするようになったといふことです。


一度サンドイッチ休憩をしただけで
約4時間以上も歩き通しで
すっかりくたびれてしまいましたが

やっぱりお花っていいわぁ。
年間チケットを買って
チューリップ、薔薇、ダリアとか四季折々に来てみたいなー。



おまけ

遠足に来ていた子供達に囲まれて
遠足に来ていた子供達に囲まれて 撫でくりまわされたチョコリン。
撫でくりまわされたチョコリン。

人間大好きだから
人間大好きだから 尻尾フリフリしたりお腹ゴロンしたりと 愛嬌を振り撒いていました。
尻尾フリフリしたりお腹ゴロンしたりと
愛嬌を振り撒いていました。


おまけ 2

せっかくだから
マイナウ島で採れたリンゴを使ったApfelstrudel(アプフェルシュトゥルーデル=リンゴの焼き菓子←ガイドさんがさりげなく宣伝していた)を食べていこうよ。

って言ったのに
だんな君たら、

さっきサンドイッチを食べたばかりじゃないか、
ボクはお腹空いてないよ。

って、けんもほろろだったんです。
末っ子だったら
お腹が空いていなくても

食べよう食べよう。
でも、お腹いっぱいだから半分こね。

ってノリノリで言うのに。

ゴハンだって、
いくら混んでいたからってベンチの上でサンドイッチだけだったし。

そう言うところがつまんないのよ、だんな君。

しかも、帰り道、
途中で夕ゴハン食べていくかと思いきや、

高速を降りるのがめんどくさい。

って家まで直行。
改めてレストランに行こうと思っても
近所の美味しいところはみんな満席で(←そもそも田舎なのでレストランが少ない)

仕方がないから
冷蔵庫に残っていた萎びたキャベツを使って
焼きそばを作りました。
冷蔵庫に残っていた萎びたキャベツを使って焼きそばを作りました。
あーあ、またおさんどんの日が始まるのかー。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。 → にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ


テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

タグ : マイナウ島ガイドツァーアーティチョーク石楠花メタセコイア年賀状用の写真蝶々

2023/06/03 (Sat) 08:37
スイスで「へぇーっ!」って思ったもの



こんにちわんこ。
小旅行の話は
震えていました
けふで終わりなんだよ、のエンジェルタルです。

これは2009年1月・4歳の時のタルちゃんです。


ボーデン湖方面の小旅行について書いています。

これまでの記事  ↓
再び国境の町
スイスの友達に会いに行く
思っていたよりずっと面白かった
花のマイナウ島


スイスに行った時に見つけた

へえー!

っていふものの写真です。

スイス在住の方には普通のことなのかもしれませんが
ぐーママことpharyにはちょっと面白かったので写真を撮りました。


これはスイスではないのですが
国境の町のホテルの前にあった建物です。
ホテル前の建物
この辺の建物は雪が深い地域でもないのに
こんなふうな階段付きの入り口を持つ家が多かったです。
半地下になっている部分は倉庫みたいな使い方をしているのでせうか?

驚きだったのはその建てられた時代です。

1618年!
2023-5-21-26.jpg
ドイツ30年戦争が起こった年ですよ!
築405年って、、、

中の設備とかは現代的に直されているのでしょうが
多分土台とか柱とかは当時のままと思われます。

ここは観光地でもない小さな国境の町なのですが、
2023-5-21-28.jpg
同じくらい古い建物が
ほかにもたくさん残っていて
今も普通に使っているっていふのがさすがヨーロッパですよね。

そういえば
ぐー家行きつけの田舎のレストランも
建物自体はそれほど古くないですけど(←そう見えるだけかもしれなくて実は古かったりして?)
さりげなく1571年創業でした。(→思いもかけずルネッサンスの頃からの



線路と同じ高さのホーム。
ホームと線路が同じ高さ
電車に乗るとき大変だろうな。

と思ったのですが、

多分電車が止まると思われる場所には、
電車に乗るための踏み台?
こういう踏み台が置いてありました。

てか、あっちのホームはちゃんと高さがあるのね。


将来は木に覆われて森のようになるであろう建物。
将来は木に埋もれる建物
木の根はどんなふうに張っているのでせう?
建物の壁とかを壊したりしないのでせうか?
10年後にまたこの町に来て
どうなっているか見てみたいです。


狭い田舎道〜
狭い田舎道と思いきや
ではなくてー

れっきとしたAutobahn(アウトバーン=高速道路)でした。
高速道路だった
渋滞の時、救急車両なんかは
どうやって現場に急行することができるのでせうか?


チューリヒ市内、

あれ、階段が川の中に降りている?
川の中に階段

Googlemapを見てみたら
川の中に地下鉄?
川の中?下?に電車が通っている?

地下鉄?

河川敷に乗り場があるの?
増水したときなんかどうなるの?
地下鉄乗り場?2
あぁ、車を降りて階段を下まで降りて行ってみたいっ!

チューリヒ在住の方、
チューリヒ在住の方、 ママちゃんに詳細教えてやってちょーだい。
ママちゃんに詳細教えてやってちょーだい。


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。 → にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ

テーマ : 旅先での風景 - ジャンル : 旅行

タグ : スイス小旅行ボーデン湖方面ドイツ30年戦争が起こった年さすがヨーロッパ線路と同じ高さのホーム踏み台木に覆われて森のようになるであろう建物高速道路川の中?下?に電車が通っている

| ホーム |

 BLOG TOP