FC2ブログ

CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2018/04/13 (Fri) 08:38
貴重だが物足りない世界遺産・ローマの砦


こんにちわんこ。
アントニウス将軍の足元で腰が抜けているタルです。
アントニヌス将軍の足元で腰が抜けている
高いよ、怖いよ、ブルブル、、、。



だんな君の故郷、ドルトムントにプチ旅行したことを書いています。

これまでの記事はこちら ↓
割れてしまった
ラインのほとりで魚三昧
シニアサイズでも十分
こんなのホテルじゃない
運がいい時もある


最終日、帰宅する前に

せっかくだからどこか見ていこう。

でも、どこがいいかな?

そうだ、世界遺産ならはずれがないだろう!

ぐーママことphsryったらあったまいい~


ということで
フランクフルトから車で20分のところにある世界遺産、
フランクフルトから車で20分のところにある世界遺産、Römerkastell Saalburg Archäologischer Park
Römerkastell Saalburg Archäologischer Parkへgogoひろみgo!(←古杉)

ここはローマ時代の砦が再現されている世界遺産ということで、
ここはローマ時代の砦が再現されている世界遺産ということで、
塩野七生の「ローマ人の物語」の愛読者としては期待感いっぱいで行ったのですが、


はっきり言って、、、、、
はっきり言って、、、、、拍子抜け。

拍子抜け


再現された建物が展示室になっていて、
それはそれで面白かったのですが、

ほら、これなんか
テルマエ・ロマエの世界
テルマエ・ロマエの世界ですよ。ルシウス~!

展示を見ていると
当時のローマの文化の高さが
当時のローマの文化の高さがひしひしと感じられます
ひしひしと感じられます。

日本やゲルマンなんか、
まだウホウホの世界だったのに(←いや、それよりはちょっと人間らしかったかも?)

こんな強固な砦を作っちゃう技術があって
医療や工学
こんな鉄帷子

実用から芸術まで
お靴なんかを作っていたわけですからね
ここまで進んでいるってすごすぎる。

展示物の写真はもっといっぱい撮ったのですが、
アップするのが面倒なのでこれでおしまい。



ガイドもなし、(←到着したのが9時ちょっと過ぎ、ガイド付きの案内は11時←2ユーロ追加)
改築中で見られないものの方が多かった
あちこち改築中で見られないものの方が多かった上に、

唯一見学できた展示室はこれだけ
唯一見学できた展示室

ハイシーズンではないせいか、
本当なら体験できると思われる、例えば弓撃ちなども何もできませんでした。

ま、それは運が悪かったわけですが
許せないのはね、

オリジナルに遺跡に
オリジナルに遺跡にそれが何なのかなんの説明も書いていないってことです
それが何なのかなんの説明も書いていないってことです。

ほら、これ。
ほら、これ。これなんだったんでしょうね
これなんだったんでしょうね。
兵舎跡?

これも、
これも

床暖房の焚口っぽいですけど、定かじゃありません。
床暖房の焚口っぽいですけど、定かじゃありません
あぁ、知りたい知りたい知りたい知りたいっ!

唯一説明があった陶器を焼く窯。
唯一説明があったパン焼き用のかまど。

これは土台の形からして
これは土台の形からして浴場跡だと思われます
↑の浴場跡だと思われます。


半分以上が見られないのに
入場料は通常通りの7ユーロ
半分以上が見られないのに
+タルちゃんまで1ユーロ取られて、

単にたいして広くもない場内をお散歩しただけという、、、。(←あ、あとおトイレも使ったけど)
単に場内をお散歩しただけという
消化不良もいいとこですよ。ぷんぷん。


しかもね、奥さん、
もっと悔しかったのは

1時間そこそこで出てきてしまった後で
 ハッと気が付いたんですけど

肝心のオリジナルリメスを見るのを忘れてしまってたって、、、、、、。

うわーん、おバカー、自分ー!


学術的には
非常に貴重な遺跡で
まだ解明されていないことも多くあって研究チウらしいのですが、
凡人のぐーママにとっては

7ユーロもとって(+わんこまで入場料を取って)
これだけですか?
ぼったくりじゃありませんか?

感がぬぐえませんでした。

まぁまぁ、そのお金が貴重な遺跡の研究費に回されるんだから、、、、
タルちゃんまで1ユーロ取られて

歴史にそれほど興味のないだんな君を
無理やり連れてきたぐーママの立場はどうなるのよ?(←どうにもならない)


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

タグ : ローマの砦 世界遺産 Saalburg はずれがない ローマ時代の砦 塩野七生 ローマ人の物語 拍子抜け 展示室 テルマエ・ロマエ

2018/04/11 (Wed) 08:54
運がいい時もある


こんにちわんこ。
お寝坊おじいちゃん
フランクフルトのホテルでお寝坊しちゃったタルです。


おジイちゃんになったせいか
最近、ぐーママことphary達が起きた後も
寝続けていることが多いです。


だんな君の故郷、ドルトムントにプチ旅行したことを書いています。
これまでの記事はこちら ↓
割れてしまった
ラインのほとりで魚三昧
シニアサイズでも十分
こんなのホテルじゃない


3日目は、
ドルトムントでちょっとした用事を済ませてから
フランクフルトまで走り、
叔父宅をお訪れました。

この70代後半の叔父夫婦は
会うたびにどんどん膨れていっていましたが、
去年大病を患って長期入院した叔父の方は
健康な病院食のおかげで減量成功。
お腹がずいぶん引っ込んでいました。

でも、叔母は体の重みで膝に負担がかかって
歩くのも大変そう。(←見たところ、100kgは優に超えていると思います)

日々の買い物は叔父がやっているそうですが、
掃除は行き届いておらず、
あんなにきれい好きだった叔母なのに
絨毯の上はかなりひどいことになっていました。

二人とも視力が弱っていて
汚れがよく見えてないのがそれに歯車をかけているようです。

タルルンが絨毯の上に落ちている
いつのものかわからない食べこぼしを食べようとするので
滞在した2時間近く、
ずっと抱っこしていました。


叔父宅を出たあとは
そのままフランクフルト市内のホテルに泊まりました。

このホテルも
その日の午前チウにネットで探したのですが、
これが当たり

古いけれど部屋も広く
このホテルは当たり
ツィンベッドなのはだんな君が予約するとき間違えたから。
だんな君は運転で疲れたのか、早々にベッドでいびきをかいています。


きれいに改装してあって
格安だった
周囲は町中なのに静かで快適でした。

それなのに一日限りのセールということで
たったの67ユーロだったのです。ウフ、ラッキー!(←二人分・朝食付きの合計。タルルンは無料←見つけたぐーママ、偉い!)

前の日のホテル合宿所があまりに酷かったから、神様が憐れんでくれたんじゃない?
神様が憐れんでくれたんじゃない?


シャワーキャビネットがめちゃくちゃ広くて笑っちゃいました。
笑っちゃうぐらい大きなシャワーキャビネット
今時シャワーカーテンなんて使っているホテルがあるなんて
こっちもびっくりですけど、
シャワーするのに何ら差し障りはなかったです。


ホテル近くのイタリアンで晩ゴハン。

瓶だけで高そうな水。(←実際いいお値段だった)
瓶だけで高そうな水
突き出しのニンニクとアーティショッティ入りの自家製クリームがものすごくおいしくて、
ぐーママ、最後までしっかり舐めてきました。(←でも、容器はなめなかった←自制したのね、えらいわ、自分)

ぐーママの前菜のアンティパスト。
今までで一番おいしかったバルサミコ酢
かかっているバルサミコ酢がこれまたおいしかった。
ぐーママがこれまで食べたバルサミコの中で一番おいしかったかも?

だんな君はミネストローネ。
だんな君のミネステローネ
すっきりしておいしかったそうです。

そのあとでぐーママは幸のスパゲッティ。
スパゲッティフルッタデマーレ

だんな君もこの日は魚介類が食べたかったらしく、
ピッツァフルッタデマーレ
海の幸ピッツァ。

ぐーママの場合、
アンティパストとパンだけでも十分だったかもしれないのですが、
席に着いた段階ではお腹がすいているので
つい、スパゲッティも注文しちゃったのです。

この日もお腹がしっかり膨れた二人なのでした。(←帰宅後体重計に乗ったら2Kg増だったぐーママギャー)


朝ゴハンは
フランクフルトのホテルの朝ゴハン1

おドイツのホテルの
フランクフルトのホテルの朝ゴハン2

平均的な
フランクフルトのホテルの朝ゴハン3

朝ゴハンでしたが
フランクフルトのホテルの朝ゴハン4

ゆで卵の保温の仕方が面白かったので、つい写真を撮ってしまいました。
恐竜の卵みたいでしょ。
ゆで卵は小石で温める
これ、お鍋の中に小石が敷き詰められているのです。

茹で加減はぐーママの好みより1分ぐらい長くゆでたような固めの半熟でしたが、
許容範囲内でした。

このホテルではタルちゃんも食堂に入れたのもうれしかった。

でも、何ももらえなかったボク、、、、。
タルルンの定席=テーブルの下

ビュッフェの朝ゴハンではパンもソーセージ類もいろいろ種類があるのに
いつも同じような朝ゴハン
いつも同じようなもの(丸パン、ハム、エメンタールチーズ、キュウリ、トマト、ヨーグルト、オレンジジュース、あれば卵)を食べてしまふぐーママです。



タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



テーマ : ホテル - ジャンル : 旅行

タグ : ドルトムント フランクフルト 叔父 叔母 膝に負担 ホテル 当たり シャワーキャビネット シャワーカーテン イタリアン

2018/04/10 (Tue) 08:49
こんなのホテルじゃない


こんにちわんこ。
ママリンにつぶされそうになった
ドルトムントのホテルではママリンにつぶされそうになったタルです。


だって、ベッドがありえないくらい狭かったんですよ。


だんな君の故郷、ドルトムントにプチ旅行したことを書いています。
これまでの記事はこちら ↓
割れてしまった
ラインのほとりで魚三昧
シニアサイズでも十分

今回の旅行は本当にぎりぎりで決めたので
ホテルも当日の朝とか昼頃にネットで見つけて予約という綱渡りでした。

そのため
2日目のホテルは、ぎりぎりになって
わんこOK、相方の実家近く、予算内という条件をクリアしているというだけで
ろくにレビューも読まずに決めたのが間違いでした。


まるでユースホステルのような部屋のつくりにまずびっくり。
ユースホステルのような部屋
すみません、朝起きてすぐに撮った写真なのでベッドが乱れています

見てください、
洗面台は部屋の中
洗面台が直接部屋の中なんてあり得ます?

さすがにおトイレはドアが付いた個室でしたが(後方のドアがそれ)

シャワーキャビネットも部屋の中ですよ。
シャワーキャビネットは部屋の中
シャワ-の後ドアを開けると
ぽたぽた滴が床に垂れるんです。


そしてベッドが狭い!

下のベッドはダブルのはずなのに
140cmぐらいしかないから、二人+タルちゃんじゃ狭すぎです。

ずっと運転してるだんな君をゆっくり寝かせてやるために
下のベッドはだんな君に譲って
ぐーママことpharyはタルルンと上のベッドで寝ることにしたのですが、

シングルなので当然もっと狭い!
幅70cmのベッド
幅70cmです。

ぐーママって一度寝たら朝まで目を覚ますってことが99,99%ない人なのに(参考記事→あれは奇跡だったのか?
寝苦しくて夜中に何度も目が覚めてしまいました。


オマケに

何かスポーツの大会でもあったのか
全館トレーニングウェアを着た小学生で埋まっていました。

その子たちが廊下で話す言葉が、
薄いドアを通してガンガン響き、
うるさいのなんの。(←夜遅くまで+朝早くから)

朝ゴハンはその子たちが終わってからということで8時半から。
朝ごはんは一番最後
もうお腹がペコペコで、、、、。

もっと早い時間に食べることもできたのですが、
こんな子供の大集団がワイワイガヤガヤしているところでなんか食べたくないじゃないですか。

静けさをとるか、空腹を早く満たすかの選択を迫られて
静けさのほうを選んだってわけです。


こんなひどいホテルは初めてでした。
あのコルマールのホテルよりひどかったんですよ、考えられます?

いや、これ、そもそもホテルなんてものじゃないでしょ!

合宿所よ、合宿所!


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



ご協力ありがとうございました。

ブログのお友達ロンドンのみきさんが所属するJRTGA(英国公認日本語観光ガイド協会)では今年もチャリテイのためのガイディングツアーを行いました。
皆様からいただいた参加費用すべての金額が各チャリティー団体に寄付され、
今年は6000ポンド以上も集まったそうです。→2018年に行われたチャリティーツアーの詳細     

寄付してくださった参加者の皆様ありがとうございました。
そしてお忙しい中手弁当でチャリティーツァーを企画、実行してくださったロンドンのブルーバッジガイドの皆様お疲れ様でした。


テーマ : ホテル - ジャンル : 旅行

タグ : ドルトムント ホテル ユースホステル 合宿所 ベッドが狭い

2018/04/09 (Mon) 07:06
シニアサイズでも十分


こんにちわんこ。
やっとおうちに帰ってきたんだよ、フウ、やれやれ
やっとおうちに戻ってきたんだよ、フウやれやれ、のタルです。



すでに帰宅したというのに
プチ旅行二日目の記事です。

渋滞で遅れに遅れて
やっとという感じでだんな君の故郷、ドルトムントに着ました。

義兄のところでコーヒーと
ドルトムント 義兄宅でお茶
義姉お手製のケーキをいただいたあと、

徒歩5分の所にある義理母のお墓へ行きました。

去年病気をした上に白内障の手術がうまくいかなくてまだ治療チウの義姉は
ほとんど外に出られないので
顔色が真っ白な上に
びっくりするくらいげっそりしていたのにはびっくりでした。


夜は義弟とバルカン・ギリシャレストランへ。

ここはだんな君の60才の誕生祝いをしたところです。

↑この時はイアリア・ギリシャレストランだったので、メニューが若干違っていました。(←ギリシャ人の旦那様、イタリア人の奥さんと別れてバルカンの奥さんと一緒になったので背うか?)

だんな君と義弟はBalkanteler(バルカンテラー=バルカン風肉の盛り合わせ)
ドルトムント バルカンディッシュ

付け合わせは一見ケチャップゴハンに見えますが、
ドルトムント バルカンディッシュとだんな君
辛い味付けのゴハンだったそうで。

ぐーママことpharyも
前日がお魚三昧だったせいか
お肉が食べたい気分だったので

ステーキにしました。
シニアサイズのステーキ
実はこのお肉、シニアサイズなんです。
それでもポメスを半分残しちゃったのに
お腹はいっぱいになりました。

なにしろシニアサイズといっても180gもあるお肉ですから。
日本のステーキって150gぐらいじゃなかったでしたっけ?

おドイツのシニアさんたち、
年はとっても肉食人種に代わりはないのですね。
ちなみに普通サイズは220gです。

それにそれぞれサラダビュッフェが付きました。
ドルトムント サラダビュッフェ
これはぐーママの分、三分の一ぐらい食べちゃった後の写真です。

この義弟はだんな君と一番仲がいい末弟です。(←だんな君は6人兄弟の2番目)
夜は義弟とバルカン・ギリシャレストランへ
男同士の話や、昔の知り合いの話で盛り上がっていました。

食後のリキュールはサービスでしたが、
ぐーママは下戸、だんな君は車の運転があったので
ドルトムントデザート酒
3杯とも義弟が引き受けてくれました。

前日に引き続き
お腹いっぱい食べてしまいました。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



おしらせ

ロンドン近郊にお住いの皆様、
3~5月にロンドンを訪問予定の皆様、

ブログのお友達ロンドンのみきさんが所属するJRTGA(英国公認日本語観光ガイド協会)では今年もチャリテイのためのガイディングツアーを行っています 。
皆様からいただく参加費用すべての金額が各チャリティー団体に寄付されます。

詳しい日程は→チャリティの予定をご覧ください。

プロのガイドさんの説明で回る一味違うロンドン。
皆様ふるってご参加ください。



テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

タグ : プチ旅行 ドルトムント コーヒーとケーキ バルカン・ギリシャレストラン ステ-キ シニアサイズ サラダビュッフェ リキュール

2018/04/06 (Fri) 08:08
割れてしまった



こんにちわんこ。
プチ旅行チウのタルです。
プチ旅行チウ
只今パーキングエリアでおpっこ散歩チウ。。


だんな君が急に思い立って、
だんな君の故郷ドルトムント方面に行くことになりました。

大急ぎでゴハンの後始末とサッとだけど掃除をし、
タルルンのゴハンがきれていたので買いに行き、
荷造りをして
昼前に出発しました。

途チウ渋滞がひどかったので
予定が大幅に遅れて
17時30分ごろ最初の目的地に着きました。


アウトバーンを20kmも行かないうちに、
(多分)斜め前の車が弾いた小石がフロントガラスを直撃。
フロントガラスが割れた!
割れてしまった〜!

修理にいくらぐらいかかるんだろ〜
(´;ω;`)


幸先の悪いスタートでしたが
いつものレストランで
最高に美味しい和食をいただき
さっきホテルに戻ってきたところです。

詳しくは後ほど。


まだベトナムの話が終わってないのに、、、、、。(←えっ?)

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



おしらせ

ロンドン近郊にお住いの皆様、
3~5月にロンドンを訪問予定の皆様、

ブログのお友達ロンドンのみきさんが所属するJRTGA(英国公認日本語観光ガイド協会)では今年もチャリテイのためのガイディングツアーを行っています 。
皆様からいただく参加費用すべての金額が各チャリティー団体に寄付されます。

詳しい日程は→チャリティの予定をご覧ください。

プロのガイドさんの説明で回る一味違うロンドン。
皆様ふるってご参加ください。

テーマ : ちょっとおでかけ - ジャンル : 旅行

タグ : 急に思い立つ ホテル予約 アウトバーン 小石 フロントガラス

| ホーム |

 BLOG TOP