CalendArchive

プロフィール

phary

Author:phary
ぐーママことphary    
 在独○○年、何事も適当なぐーたらママ。
 永遠のオバフィー・プレ老女。
 信条:他人に厳しく、自分に甘く。
    厳しく追求他人の失敗、笑ってごまかす自分の失敗。
      
タル
 2004年9月3日生まれ。
 2006年9月よりニューハーフ。
 ヨーキーとチワワのミックス犬。
 なのに体重5,2㎏。
 万年強制ダイエットチウ。
      
だんな君
 オレ様主義の偏屈ドイツ人。
 ヒトミシラー。

おねえちゃん
 何事にも200%で立ち向かう努力の人。
 東京のドイツ系会社勤務。
現在ドイツ本社に出向中。

おにいちゃん
 典型的オレ様主義のジャニーズ系イケメン。
 思いもかけずイクメンだった。

Mちゃん
 オレ様おにいちゃんのお料理上手な奥さん。
 
Dちゃん
 おにいちゃんとMちゃんの息子。
 ジャニーズ系イケメンになりそうなかわいい子。

末っ子
 ぽっちゃり系女子。
 バックパックで世界一周旅行から帰ってきて新しい就職先が決まりました。
  
  
  
コメントいただくととっても嬉しいです。

ランキングに参加しています。
励みになりますので
一日一回クリックしてみてください。
  ↓

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ

FC2カウンター

最近の記事+コメント

カテゴリー

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

2017/04/11 (Tue) 08:44
買う気にはなれない



こんにちわんこ。
今週末はOstern(オステルン=イースター)なんだよ
けふの記事にはグロ注意のお写真があるから気を付けてね、のタルです。


なので、そういうの苦手な方は自己責任の下にお読みください。


今週末はOstern(オステルン=イースター・復活祭)です。

スーパーや、お肉屋さんの広告には
イースターのごちそうのための材料がたくさん出ています。

その中に、

わぁ、大きいロブスターのむき身
イースターにロブスターってのもいいかも?

と思ってよくよく見たら、

わぁ、大きいロブスター!
皮を剝がれた丸ごとウサちゃんでした~~~~~、ぎゃー!

しかも、
頭と腎臓のサービスパック付き
と腎臓のサービスパック付き~~~~、ギャオ~!


サ、サービスパックって
袋かなんかの中にうさちゃんの頭が(←しかも皮を剥がれている)ゴロンって入っているのかしら。


さんの頭だって売られているおドイツ。

それに比べたらうさちゃんの頭なんてちっさいしー、へーき、、、、


なわけないです。

グロいです。
キモいです。

だって
皮を剥がれているんだもの。
かわいいうさちゃんじゃないんだもの。
いわばゾンビ化しているうさちゃんなんだもの~。


はぁはぁ、

こ、こんな時、おドイツ人てつくづく肉食人種なんだなーと実感します。
こんなの買って食べちゃう家庭がいっぱいあるんですもんね。


ぐーママことphary、
長年おドイツに住んでお肉屋さんのショーウィンドウに積まれた豚さんの頭のピラミッドとか
皮をはがれて逆さ吊りになっているうさちゃんとか

かなり冷静に見られるようにはなりましたが、

買う気には絶対になれません。

お料理済みのお皿にのっているうさちゃんのお肉なら食べちゃいますけど

丸ごとウサギを自分で料理なんて、、、、

むりむりむりむりーーーーーー!


しかし腎臓はともかく、頭って、、、、、

どうやって料理するのかしら?



イースターのシンボルは
タマゴ・ヒヨコ・ニワトリ・ヒツジなどいろいろありますが、
代表は
なんといってもウサギちゃんでせう。

でもね、

そのシンボルのうさぎちゃんを

かわいいかわいいとイラスト化したりぬいぐるみとして愛でる一方で

皮を剥いで食べちゃうんですからねー。

いやー、野蛮だわー。


おドイツ在住の奥様方、
皮を剝いだ丸ごとうさちゃん、お料理したことございますか?

あるいはブーちゃんの頭とか?



おまけ

そういえば、あのお宅なんかお料理どころか絞めるのまで自分たちでやってるかもしれないわ。
しかも複数のうさぎを。

あのお宅?複数のうさぎ?絞める?という方こちらをクリック→うさぎの行方


タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ



お知らせ

ブログのお友達、みきさんが所属する英国公認日本語ガイド協会では今年も
東日本大震災の義援金のためのチャリティーガイドツァー
を行います。

このチャリティで集まった寄付は100%現地のチャリティ団体に寄付されるそうです。

ロンドン在住の方、春にロンドンを訪れる予定の方
英国政府公認のブルーバッジガイドのご案内で、ぜひロンドンをお楽しみください。

詳しくは→JRTGA 英国公認日本語ガイド協会ウェブサイト


ガイドさんたちは手弁当どころか多分持ち出しなのに、100%寄付ってところがありがたいです。

たくさんの方の参加をお待ちしています。

タルッとクリックお願いします。→  
御面倒でももう一つタルっと。→  にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが外国人の主婦へ




関連記事

テーマ : ドイツ生活 - ジャンル : 海外情報

<< ドルトムントが狙われた? | ホーム | まだ家族じゃないから >>

コメント

何かなぁ~?なんて、のんびり見てたんだけど
良く分からなかった・・・
うさぎちゃんなのね@@”
キャラクターが可愛いだけに
びっくり!というより、ショック!!!
食べちゃうんですね...

国々での食文化だから否定はしないけど
複雑です。
因みに、私うさぎ年なの^^;


ドイツのお肉屋さんで、初めて横たわっているウサギちゃん(食肉用に加工済み)を見た時!!驚きました!(ほんのりピンク色なのがまた怖い・・・)
日本は食べませんよね!?(見たことも聞いた事もない)


コメントありがとうございます。

*チーちゃんさん*
日本人にはショックですよね、うさぎを食べるって。うさぎ年のチーちゃんさんにはことさら抵抗があるでしょう。
実は私、まだウサギの丸焼きを食べたことがないのです。煮込み料理は食べたことがありますが、肉自体は原形をとどめていませんでしたから何の抵抗もありませんでした。
あ、そうか、日本人にはウサギを食べることもそうですが、動物の形をとどめている肉の塊自体がショックなのかもしれませんね。

*マリーさん*
私もおドイツに来たばかりの時にマルクトで豚がばっさり縦に真っ二つになったのや、皮を剥がれて吊るされたウサギを見てそれこそ頭をハンマーで殴られたようなショックを受けました。理屈としてはこういうものだとわかるのですが、日本のお肉は元の姿が分からないように切り分けてあるじゃないですか。だから、本当は日本の肉だって元はこうなんだぞって現実を突きつけられて、、、うぶだったな、あの頃の私。


こんにちは!昨日日本から帰ってきました。日本では今ジビエが流行っているそうです。桃太郎君が東京でクマの肉を食べに行きたいというので予約しました。私たちは行きませんでしたけど。野鳥類も下準備が大変そうなので、あんまり自分ではやりたくないですね。ウサギや野鳥が食べたい時はティムちゃんにお料理してもらいます。


コメントありがとうございます。2

*みきさん*
おかえりなさい。FBを見て毎日よだれを垂らしていましたよ。

<ウサギや野鳥が食べたい時はティムちゃんにお料理してもらいます>
ということはティちゃんさんはうさぎの首なし丸ごとお肉を平気で料理できるってことですか?さすが肉食人種ですね。
日本でジビエが流行っているっていってもレストランでのことでしょう?それともお肉屋さんに丸ごと皮剥ぎウサギとかシカ肉の塊とか置いてあるのですか?


前の記事ですが
私もその昔,凍っているうさちゃんをスーパーで見て,,ショックでした。あの可愛いうさちゃん,,,さぞ寒いだろうに、などなどその時のショックは昨日のように覚えています!
それにしても沢山更新されていたので一気に読ませていただきましたが
あの日本食レストラン。本当に知らない人がこれが日本食を思われるのも心外です。ご飯は日本人に取って命?なのにそんなぱさぱさを出すなんて。あぶらぎたぎたの焼うどんも考えられません。キャベツは千切りするのと適当に切るのとては食感がまるで違うのに!プライドもないシェフですね。きっと直ぐにつぶれるでしょう。というかそれをこんな遠くに住むわたしでも願っちゃうのです。


コメントありがとうございます。3

*ワクドキさん*
やっぱり!
普通の日本人だったらみんなショックですよね。日本人にとってお肉ってきれいに薄切りにされた、原型を想像させないものですものね。しかも、フワフワのかわいいウサギちゃんの変わり果てた姿ですから一層ショックが大きいのでせう。

例のレストランは趣味の会の会場の最寄り駅のそばなので、いつつぶれるかじっくりと観察している所です。


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP